あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

水が流れるところに生える植物たち その2

昨日に引き続き沢沿いに生える植物の紹介です。

f:id:aikawa_park:20200211081925j:plain
表か裏か?一体どちら?
湿った場所に生える植物の中でも、とりわけ大型で数も多く目立つのはリョウメンシダです。写真のリョウメンシダは表でしょうか?それとも裏なのでしょうか?

パッと見てしまうと裏のように見えるかもしれません。実は表です。
非常に大きく、まとまって緑の壁のように生えるので、狭い沢沿いを歩いていると見た目以上の圧迫感があります。気分はジュラシックパークです。

また、岩場や湿り気の多い斜面では、ゼニゴケ類もかなり見かけます。辺り一面を緑色のじゅうたんのように染め上げる様は圧巻です。

f:id:aikawa_park:20200211144002j:plainf:id:aikawa_park:20200211144532j:plain
ゼニゴケ類
ゼニゴケ類を見ていると、写真右のようなお椀状の物体を見かけることがあります。これは有性ではなく無性で増えるゼニゴケのクローンなのです。
見逃してしまうような突起にそんな役割があるなんて、植物の世界は面白いですね。