あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

山菜の季節 その3 美味しいヨモギと猛毒のトリカブト

あいかわ公園で見られる食べられる植物を紹介していきます。山菜の採取は必ず山菜を知っている人と取りましょう。
また、自分自身でしっかりと見分けて食べるようにしましょう。口にするのは自己責任になります。

山菜紹介シリーズも3日目となりました。今日紹介したいのはパークセンター付近に生えているこちら
f:id:aikawa_park:20200318104532j:plain
ヨモギです。
皆様おなじみの食材がわんさか生えているのがあいかわ公園です。
ヨモギと言えばもっとも馴染みのある食材は緑色の草餅ではないでしょうか?お餅にヨモギを練りこむことで春菊のような爽やかな香りが楽しめます。
ヨモギに限りませんが野に生えている山菜の風味と香りは市販のものとはレベルが違います。そして自分で食材を手にして味わうその感覚に野食好きは惹かれてしまうのかもしれません(笑)
あいかわ公園で見る分には問題ありませんが、ヨモギを採取するときに絶対に気をつけなければならないのはトリカブトです。

f:id:aikawa_park:20200318104532j:plainf:id:aikawa_park:20191024100929j:plain
良い葉の写真がありませんでしたが葉に切れ込みがあり、小さい時は似ているものも結構あります。香りのような決定的な違いで判断できるようになるまでは採取は控えたほうがいいかもしれませんね。実物を見れば簡単にわかりますよ。
公園でヨモギを見つけたら葉をちぎってみてください。とってもいい香りがします。この香りの感じはキク科の植物にたびたび見られます。
若葉をてんぷらにするととてもおいしいですよ。 個人的には草餅はあまりお勧めしません。配分をしっかりやればいいのだとは思いますが、学生時代にやった草餅に苦い思い出しかありません。団体でお餅を作っていたのですがヨモギを取りすぎた結果、全部それを入れてしまい苦いだけのものになった記憶があります。挑戦する方は分量には気を付けてください。

f:id:aikawa_park:20200318104322j:plainf:id:aikawa_park:20200223153547j:plain
同じく人気のノビルです。あいかわ公園でもかなり密集しているので辺りにはネギ臭が漂っていることも多いです。
ノビルは以前も紹介した通り葉をちぎることでネギ臭を感じれば間違いようがありません。雰囲気が似ている植物はかなり多いため、慣れるまでは見つけるのが大変です。しかし、色が他に比べると黄緑色をしており、さらに葉の根元部分が包まれて1つになっているのもわかりやすいですね。
筒形になると言えばf:id:aikawa_park:20200318104248j:plainこの手のタイプの植物には要注意です。(種類は分かりません)
ノビルと写真の植物も南駐車場とパークセンターをつなぐ通路で見比べられますので探してみてください。
f:id:aikawa_park:20200318104347j:plain
少し踏み込んだポイントとして、ノビルは葉の切り口が三日月型(三日月は微妙かもしれませんが台形を凹ませたような形です)になります。もし切り口が真ん丸の場合それは同じく食べられるアサツキになります。必ずネギ臭は確認してくださいね!