あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

細い葉はイネの仲間? 道端に生える青い花 ツユクサ

梅雨の季節には濃い青色をしたとても梅雨らしい花が咲きます。恐らくどんな場所でも見ることができるので探してみてください。
f:id:aikawa_park:20200715133050j:plain
そのお花はツユクサと呼ばれます。水滴が滴る様子がとても似あうお花だと思います。若い葉っぱは食べることもできるんですよ。残念ながら私は食べたことがありません。
さて、ツユクサのお花を見て皆様はどの部分に目を奪われたでしょうか?きっと草の緑色、花びらの青、黄色の部分などがあげられたと思います。
やはり青色と黄色の組み合わせと言うのはとても色が映えますよね!洋服などでも定番の色合わせです。しかしこの黄色の部分なにやら色々な形があるように見えませんか?
皆様が注目した黄色はどの黄色なのでしょう
f:id:aikawa_park:20200715133538j:plain
よく注目してみると、青い花びらの下に2つの明るい黄色のものがあります。横一列に並んでいますね。本来は3つなのですが内1つはこの写真では右側にずれて隠れていますよ。前の写真で端っこに映っていますね。
そしてその明るい黄色の下に少しくすんだ黄色のものが付いていますね。さらにその下には線香花火のように下側にぶらんと垂れ下がる茶色に近い黄色があります。実はこの3つの黄色いものはそれぞれが雄しべなのです! ツユクサは雄しべを3種類持つ面白い植物なのですね~
不思議なことにこの中のどれか一種類の雄しべは花粉を作ることはしても受粉させる能力がありません。どの雄しべがそれに当てはまると思いますか?
f:id:aikawa_park:20200715134248j:plain
色のくすんだ線香花火のようなやつと思う方が多いかもしれませんが実は一番明るい上の3つの雄しべが正解です。
一番派手で目立っているのに意外ですよね。
ちなみにツユクサの雄しべは今分けた3種でそれぞれ形が違います。上3つはπ型やX形、真ん中はy型や人型と呼ばれています。これは皆様の近くに生えているツユクサを摘んで実際に形を見てもらった方が分かりやすいかと思われます。
青の花びらに目立つ黄色を乗せることで虫たちにここにお花があるよとアピールするツユクサの戦略の1つなのですね。
なのでこの部分は仮雄しべ(かりおしべ)と呼ばれます。

遠目で見ていたら間違いなく気が付くことのない黄色のまとまりも、間近で見てみると全然違うことが分かりましたね! お花を見つけたら目の前でじっくりと観察して何か違いが見つからないか探してみるのはとてもおススメですよ!

aikawa-park-sanyasou.hatenablog.jp
山野草図鑑 黄色にトキリマメ、ゴーヤ 赤系色にアメリカオニアザミ、ミズヒキ、ヤブガラシを追加しました。
公園で見られるお花を色から探し出せる図鑑です。ぜひこれらを利用して散歩など楽しんでください。