あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

憧れのミヤマクワガタ

宮ヶ瀬にミヤマクワガタがいる?

夏の宮ヶ瀬周辺のエリアで数年前から聞いていたがあります。このエリアでは年に数回程の低い確率でミヤマクワガタを見かけることがあるというものです。

有名なので皆様も聞いたことがあるかもしれませんね。

コクワガタが見られるようになった6月から樹液に集まる昆虫を探し始めて1月ほどで運よく「その虫」を目にすることができました。
f:id:aikawa_park:20200719153914j:plain


これで宮ヶ瀬エリアでミヤマを見つけるという任務も完了です。

しかも6cm越えのなかなかの大きさです。と言うことで本日は皆の憧れミヤマクワガタをじっくり紹介していこうと思います。
f:id:aikawa_park:20200723084224j:plain
横から見たミヤマクワガタです。ミヤマクワガタの大型に見られる象徴的な部分が目立ちます。

写真左側の顎の部分が耳状に張り出しています!
この耳状突起(じじょうとっき)こそミヤマのかっこいいポイントですね。


さらに全身には灰色の薄い毛が生えており、なでてみるとつやのある質感をしています。

にも注目してみましょう。
f:id:aikawa_park:20200723084135j:plain
顎の形もコクワやノコギリとは全然違いますね。

ミヤマの顎には付け根に大きな突起が付いており、先に向けても細かくついています。そして!是非注目して欲しい部分が あごの先です。顎先の突起だけ二股に分かれているのです。

顎自体が下を向いているのですがこの二股の部分がさらに下を向いているため、ミヤマの顎は先端が急に落ち込んだように見えるのです。前の写真を改めてみると分かりやすいですね。
f:id:aikawa_park:20200723085221j:plain
この顎の特徴から足を踏ん張って自分より低い姿勢の敵を上から挟み込んで投げ飛ばすのがミヤマクワガタの戦い方です。

ミヤマクワガタは少し触ってみたところ、自分より下に対するものへよく攻撃していましたね。
手にのせると指をよく挟んできました。


f:id:aikawa_park:20200723085836j:plain
足の付け根には黄色い部分があります。
♂は分かりやすいですが、姿の似ているクワガタの♀などではミヤマと判別するのに役立つポイントです。

小型中型のミヤマは初めて出会うとこれは何クワガタかな?と思ってしまう姿をしていますので足を覚えておくと役に立ちますよ。



f:id:aikawa_park:20200723091252j:plain
そんな皆の憧れのミヤマクワガタは、狙って採れる虫ではないので会える確率は非常に低いのですが、あいかわ公園で虫取りに挑戦してみると見つけられるチャンスはあるかもしれませんね。ただし期待はしない方がいいです。

ですが、何度も挑戦して見つけられず、そしてついに見つけた時の感動は言葉に表せないものがありますよ。私もついに神奈川県産のミヤマクワガタに会うという非常にいい体験をさせてもらいました。クワガタに感謝ですね。



この年の秋口に68mmもの巨大なミヤマクワガタを捕まえることができました。↓
aikawa-park.hatenablog.com
こちらはボリュームの多い記事です。神奈川でクワガタを捕まえたい方、本気で家族でクワガタを捕まえたいと思う方は読んでみてください。クワガタ探しの基本事項が分かります。aikawa-park.hatenablog.com
aikawa-park.hatenablog.com


あいかわ公園の虫に興味の湧いた方は↓のカテゴリーから虫の黒三角形を押すことでクワガタや蝶などの種類別に記事を読むことができます。事前に採りたい虫を探すもよし、園内で何をとるか決めるもよし! 様々な虫とそれを取るための情報が盛りだくさんです!