あいかわ公園自然観察ガイド

あいかわ公園で見つかった植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。毎朝8時に更新中!

蜂?それとも別の虫?

暑い日差しの中公園を歩きながらパークセンターの壁を見ていると、何やら大きな蜂を見つけました。ハチの割には体の部分が細く変な蜂だなぁと思っていたのですが近づいてよく見てみると...? カミキリムシの仲間の気配を感じました。早速捕獲です!
f:id:aikawa_park:20200808133123j:plain
このような姿をしていました。皆様はカミキリムシと言う印象と蜂という印象のどちらが思い浮かびましたか?
私のように蜂の印象を受けた方も多いかもしれませんね。
カミキリムシの仲間はあまり知らないので、これはトラカミキリの仲間に違いないと思いながら捕まえたのですが、どうやらハナカミキリの仲間のようです。
ヨツスジハナカミキリと呼ばれるこのカミキリムシは、名前の通り4つの線状の黄色い模様があります。冒頭で私が感じた印象のように、蜂に非常に似ていますね。
f:id:aikawa_park:20200808133452j:plain
ハナカミキリの仲間は名前の通り花に集まります。つまり食べているものは花の蜜になるのです。以前出てきたカミキリムシの仲間は多くが下向きのあごをしていましたね。
aikawa-park.hatenablog.com
ハナカミキリの場合は口が前を向いていた方が蜜を吸いやすいため、多くの種類が写真のように前に突き出る口を持つようです。
このケースには以前クワガタが入っており、そのおしっこが蓋についていたのですがどうやら昆虫ゼリーを食べたおしっこは好みの味のようです。飼育できそうなので少しこのように試してみました。
f:id:aikawa_park:20200808133811j:plain
カミキリムシの仲間は高い所に登りたがり、頂点まで行くとすぐ飛んでしまうのですが上る途中にゼリーで誘惑してみたところ見事にゼリーにつられました。汁を舐めているのかゼリー自体を食べているのか分かりませんが、飼えそうなので挑戦してみようと思います。
自然界にはハチが危険な生き物であることを知っているのか、カミキリや蛾の仲間の中にはこのような姿をまねる擬態(ぎたい)を行うものがいます。普段皆様が蜂だと思っている生き物が実は蜂ではないかもしれません。もちろん捕まえるのはお勧めしませんが、葉に止まったりゆっくり見られるときにはハチの先入観を捨てて観察してみてはいかがでしょう。
f:id:aikawa_park:20200808134001j:plain
実際のところ、虫をじっくり見たことが無ければ蜂もしくは危険な生き物に見えてきますよね。
パークセンターでまねっこ上手のヨツスジハナカミキリを見に来てみてくださいね。



aikawa-park-sanyasou.hatenablog.jp
山野草図鑑 赤系の花にメハジキ その他色にオニドコロを追加しました。