あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

ちっちゃいカナヘビ

駐車場や石小屋ダムの方面などのコンクリート沿いを歩いていると落ち葉の方からかさかさと音が聞こえることが多々あります。そんな時には音がした方をじっくり調べてみましょう。今回はこんな素敵な生き物と出会えました。
f:id:aikawa_park:20200809131058j:plain
非常に小さなカナヘビです。あいかわ公園では尻尾に青い光沢のあるニホントカゲの仲間が見つかることが多いのですが、運よくカナヘビの子どもに遭遇出来たようです。とてもかわいいですね。カナヘビニホントカゲよりも警戒心が薄いようで、意外と簡単に捕まえられました。写真は手の上で日向ぼっこをしています。餌が捕まえやすければ飼育に挑戦したいのですが、日向ぼっこをさせないといけなかったりとやることも多い生き物なので諦めます。
f:id:aikawa_park:20200809131319j:plain
捕まえた時にはこのように指先で押さえて捕まえています。力加減を間違えるととどめを刺しかねないので気をつけましょう。指が温かいからか、苦しいからなのか分かりませんが目を閉じてぼーっとしていることが多かったです。この仲間は尻尾を切って逃げる習性があるため、捕まえるときには気を付けてあげないと尻尾が切れます。つまり丁寧な捕獲を試みる必要があるわけですね。
f:id:aikawa_park:20200809131645j:plain
カナヘビの場合は上からの素早い動きに特に敏感なようで、捕まえようとする時には全速力で逃げますが、こちらから何かアクションを仕掛けていないときはとても穏やかにすごしています。なので掌に載せても暴れたりすぐに逃げたりしようとする傾向があまりありません。写真のように手の上をてこてこ歩いている姿が印象的ですね。彼らは地面にいる小さなバッタや蜘蛛などを食べているため、飼育には生きたエサが必要になります。育てる際にはこの部分で非常に苦労することになりますね。
f:id:aikawa_park:20200809132205j:plain
手の上で遊んでいたら最後は豪快にジャンプして逃げていきました。最後までかわいい子ですね。このように一度捕まえて触れてみるとなかなかに飼育してみたい欲を刺激される生き物でもあるので、運よく捕まえることができたならば難しいことを理解したうえで飼育に挑戦してみるのもいいかもしれません。公園で捕まえる場合には石小屋ダムのコンクリート沿いか、南駐車場でよく見かけますよ。飼育することで見えてくることはたくさんあるので興味のある方はやってみてはいかがでしょうか?