あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

秋を感じるセセリチョウの仲間

パークセンター前の花壇はシジミチョウやタテハチョウ、セセリチョウの仲間がたくさん見られる大変おススメのスポットになっています。私も晴の日には蝶を探しているのですがやはり茶色のセセリチョウを見ると秋だなぁと感じてしまいます。
f:id:aikawa_park:20201004150111j:plain
蜜を吸っているセセリチョウはかなりおとなしいので簡単に捕まえられますね。よく蛾に間違われている蝶なのですがなんだか不憫な扱いですね。見た目はかなり可愛い方です。羽の模様をよく見てみると1の字のように白い点が綺麗に並んでいますね。これがイチモンジセセリです。シンプルにかっこいい名前をしています。種類としてはかなり普通なものなので簡単に見つかりますよ。
同じく簡単に見つかる種類としてはチャバネセセリがいます。
f:id:aikawa_park:20201004150541j:plain
見た目はうり二つの兄弟のようですが模様を見てしまえばはっきりと違いが分かります。イチモンジセセリが1の字のように連続して模様をつけるのに対し、チャバネセセリは小さな白い点が間隔をあけてついていますね。捕まえなくとも横から見れば種類が特定できるので皆様もぜひ試してみてください。
f:id:aikawa_park:20201004150811j:plain
チャバネセセリは模様が控えめなので羽を広げていても模様があまり目立ちません。この仲間は飛ぶのが非常に上手で、バッサバサ飛ぶモンシロチョウや蛾の仲間と比べると羽の形に違いがあります。羽を広げてみると短い羽が付いていることが分かりますね。この羽で小刻みに素早く飛ぶのです。目が慣れていないと恐らく追えないと思いますよ。
彼らは秋の七草ことススキの葉が好きなので、今の時期には大好きなものがたくさんあって嬉しいでしょうね。


セセリチョウではないものの先日の自然観察イベントでは面白い蝶が見られました。
f:id:aikawa_park:20201004151236j:plain
あいかわ公園には食草がないアサギマダラです。蝶のイベント中に偶然発見することができ、お客様も私もとても嬉しい遭遇となりました。彼らは海を渡って移動する大型の蝶で、数百果ては数千kmもの旅をする蝶です。これから海を越える渡りを始める途中だったのでしょうか。いずれにしてもとてもラッキーな遭遇でした。捕まえたのもラッキーですし幸運にまみれたイベントでしたね(笑)
蝶にはまり始めた矢先でいい運気が向いているようです。皆様もセセリ、タテハ、シジミなどの蝶を観察してみませんか?