あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

ウラナミシジミの模様に注目

すっかり蝶に夢中の日々ですがまだ紹介できる種類がいます。お手軽に捕まえられてその辺で見かけられ、模様は裏も表も綺麗と非の打ち所がない素敵なシジミチョウ、それがウラナミシジミです。
f:id:aikawa_park:20201004143823j:plain
これまで紹介したシジミチョウは羽の裏側は地味な色合いのものが多かったのですが、このウラナミシジミはあいかわ公園で今の季節に見られるシジミチョウとしては恐らく唯一羽の裏側にはっきりとした模様が見られる種類なのではないかと思います。私もつい最近シジミチョウにはまり始めたので、実はこのウラナミシジミの事を知ったのもつい最近です。とても見たかった蝶なのです。おしゃれで可愛いですね。
ウラナミシジミは素敵な点が多すぎてしまいます。まずは模様に注目してみましょう。
f:id:aikawa_park:20201004144201j:plain
波模様とはよく例えたもので、写真であれば私は右側の濃い線にかけて穏やかな波が押し寄せているように見えます。夏の海にザザーンと押し寄せる白波を想像してみてください。イメージに重なりませんか?
これでいて羽の表側には青系の金属光沢があるのですからたまりませんね。
続いてのチャームポイントは羽の後ろにあるオレンジ色の模様ですかね。
f:id:aikawa_park:20201004144522j:plain
これはツバメシジミにも見られた特徴ですが、やはり同色が多い羽の中に一色の差し色が入っているとそれだけで印象がガラッと変わりますよね。これらの模様とあとは実際に見てみると飛び方がヤマトなどのシジミと比べると早い点、大きさも小柄なシジミと比べると大きいため、飛んでいるだけでも分かるようになりました。そしてこの仲間で見ずにいられないのは尾状突起です。
f:id:aikawa_park:20201004144455j:plain
夏であれば恐らく何種類かのこの突起を持つ種類にも出会えたのでしょうが、私は秋の頭からシジミにはまり始めたためもう来年まで見ることができません(泣)しかしながらこのウラナミシジミは立派な尾状突起を持つため、今の季節でも彼らの素晴らしいチャームポイントを堪能できるのです。
この素敵な尾状突起は飾りのためにあるのではありません。少し遠目からボヤっと眺めてみてください。羽の模様が目玉に見え、突起が触角のように見えてきませんか?つまり、天敵にお尻の方を頭だと思わせて命が失われるのを防ぐ役割をしています。死ぬよりは羽を食べられた方がましと言うことですね。

面白い要素が盛りだくさんのウラナミシジミは公園内の花であれば見られる可能性があります。奥深いシジミチョウの世界を覗いてみてくださいね。
ちなみにウラナミシジミの好きな植物はマメ科のクズですよ!


aikawa-park-sanyasou.hatenablog.jp

あいかわ公園植物図鑑にヒヨドリジョウゴ、ヤマクルマバナ、オトコエシ、カワミドリ、ウリクサ、イヌタデ、メドハギ、ママコノシリヌグイ、を追加しました。秋の花たちを更新中です!春も夏もあわせてご利用ください。