あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

大きなトンボの正体は?

少し前の話なのですが園内の自然情報を集まるために散策していると大型のトンボが草に止まっているのを見つけました。黒と黄色の大きな体に緑色の大きな目をしていました。この特徴を見ると多くの方がオニヤンマを想像しますが、黄色と黒の色合いで目が緑色のトンボと言うのは結構たくさんいます。私が見つけたのはこんな子でした。
f:id:aikawa_park:20201011143119j:plain
なにやらよく見かけるような色合いをしていますよね。サイズはなかなか大きいですが、よく見ると目が離れています。オニヤンマは目の一部が隣接するため、このように離れているのはコオニヤンマでしょうか?撮影時は判別ポイントなど知らなかったのでいい判断写真がありません。季節的にはどちらも見られる9月でしたし一枚目の写真を見ても目の一部がくっついているようには見えませんね。コオニヤンマ(仮)とします。
f:id:aikawa_park:20201011143435j:plain
大型のトンボは今年初めて捕まえたので、羽をつかむときにひさしぶりにハラハラしました。この写真では大型のトンボにつかまった昆虫の気持ちが味わえます。自分たちの背後からこんな恐ろしい生き物が襲ってきたらぞくりとしますね。虫の世界も厳しいものです。いつ死んでしまうか分かりません!
f:id:aikawa_park:20201011143721j:plain
トンボは虫の中でも飛行能力に関してはずば抜けており、空中戦において正面から戦えば他の虫ではまず勝てません。そして捕まえた相手をがっちりと掴み、この鋭い口でバクバクと食べてしまうのです。網などをこの足で掴んでいましたがかなりの力でした。普通の虫ではまず抜けられないと思います。噛まれたことはありませんが、さすがにこれくらいの大きさであれば人間の皮膚であっても噛み千切られるでしょう。大型のヤンマは本当に注意が必要です。

f:id:aikawa_park:20201011144234j:plain
私の手と比較してみるとなかなかのサイズのように思えますね。コオニヤンマにしては大きいような気がしなくもないです。しかしオニヤンマにしては小さいような気がするんですよね。
f:id:aikawa_park:20201011144525j:plain
唯一決め手になりそうな写真がこちらです。この角度で見ると目元がつながっているように見えます。しかし1枚目では繋がっていないように見えます。お手上げですね。一応写真の情報からは目が離れているような写真が多いのでコオニヤンマ(仮)としておきます。皆様も生き物を捕まえた時には決め手となるようなポイントを押さえて何枚か写真を撮っておくと役に立つと思いますよ!