あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

秋咲きの黄色いタンポポの花は、ヤクシソウかもしれません

あいかわ公園の冒険の森付近など、地面をよく見てみると花付きのいい黄色い花が見られます。タンポポのような花でありながらいくつも花を咲かせるので見ごたえがあります。
f:id:aikawa_park:20201024144814j:plain
こちらがヤクシソウと呼ばれる今回の題名のお花です。花の周りには大抵他にもたくさんの花が付いていたり、既に終わった花の後や蕾が付いています。写真の花も見てみると周りに小さな細長い棒状のものが付いていますね。登場の度にこの話にはなってしまいますが、キク科の黄色い花と言うのは非常に似ています。今の時期にヤクシソウっぽい花が咲いていないとは言い切れません。例えば園内であればこんなキク科の花が咲いています。

f:id:aikawa_park:20201114145336j:plainf:id:aikawa_park:20201114145230j:plain
どれも同じに見えますか?それとも違いが分かりますか?花の雰囲気を見てしまうとまんまと違いが分からない状態になってしまいます。ちなみにこの2種は今の季節でも咲いています。厳密には今咲いているタンポポは西洋の方で外来種なのですが、そこは気にしないでおきましょう。
左はカントウタンポポ右はジシバリと呼ばれる植物で、それぞれ普通に見られる種類です。一体どこが違うのでしょうか?

まずは先ほども話した花付きですね。
f:id:aikawa_park:20201114145729j:plain
といいつつ花の写真ではないのですが、要するに花が複数咲いている、もしくは花が咲いた跡がたくさんあればヤクシソウの可能性が高いです。そして極めつけはヤクシソウの葉にあります。
f:id:aikawa_park:20201114145920j:plain
見ての通り面白い形をしていますね。その中でも注目して欲しい部分が葉と茎の付け根付近です。よく見てみると葉っぱが茎をまるで抱っこするかのようについています。これがとても分かりやすい特徴です。なので皆様も今の時期に黄色い写真のような花を見つけたら一度花から離れて葉を見てみましょう。
葉で種類を見分けられるとなんだか自然の事を少し知った気分を味わえてうれしくなれますよ。