あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

スイセンと似た葉たちに注意

先日の記事ではスイセンの花を紹介しました。白と黄色の美しい花でしたね。そんなスイセンは毎年誤植による食中毒が発生する恐ろしい草でもあります。特に山菜取りなどをやったことのある方や興味のある方は身近な毒のある植物への関心も高いと思います。
f:id:aikawa_park:20210106134010j:plain
スイセンの葉と言われてもパッと思いつくことはなかなかないと思います。誰しもがこんな感じだったよなぁとそれっぽい姿を想像することはできますよね。そこが落とし穴です。写真のような細長い雰囲気だけを想像していると間違いなくスイセンを取ってしまい、年間の食中毒の一例に仲間入りしてしまいます。
ちなみにこの姿に似ている人気の植物がニラですね。
あいかわ公園には無いので、これまた姿の似た有毒のハナニラで比較します。
つまり今回は毒と毒の比較なのでご注意ください。
これはややこしいのですが花が付いたニラを花ニラとも呼ぶので注意が必要です。
f:id:aikawa_park:20210106135301j:plain
あいかわ公園のハナニラは小さいものばかりなので、同じ大きさでの比較はできません。しかしこの雰囲気を見るとニラとはとても似ているのが分かりますね。スイセンと比較してみるとどうでしょうか?似ていると思いますか?似ていないと思いますか? 写真で比較すると似ているように見えますが、実物を見比べてみると結構違います。スイセンは色が白っぽいこととかなり太くしっかり立ち上がること、そして臭い香りがないことなどから実はポイントを押さえておけば間違えることはありません。
ハナニラの方が有毒でニラ臭もあるので厄介だと思います。しかしこちらも花を押さえておけば大丈夫です。ニラがないので比較はできませんが、ハナニラは花の姿が全然違います。
f:id:aikawa_park:20210106140259j:plain
これが春に咲くハナニラの花です。大きな花で可愛らしいですね。もしかすると写真を見てこの花かぁと気づかれた方もいるかもしれません。根元にある草を見てみるとニラに似ていますよね。香りもありますが、春の内から花を調べておけば大丈夫です。1つのポイントでなく複数のポイントで確認を行うことが中毒しないための重要な所ですね。キノコなど特にそうです。
スイセンにニラ、これに限らず似た種類の植物はたくさん存在します。目の前の物をニラだと思い込んでしまうともうニラにしか見えなくなりがちなので、ニラじゃない可能性を探していきましょう。