あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

スギタニルリシジミとルリシジミ

早春に現れる蝶として最近コツバメを紹介しました。コツバメが出始めたということは続いて蝶たちが出始めます。私が見つけたかった蝶の1種であるスギタニルリシジミと思われる蝶が出たので紹介していこうと思います。
f:id:aikawa_park:20210314135751j:plain
そもそもシジミチョウにそんな種類がいることを知らない方も多いかもしれません。ルリシジミは身近な種類なのですが、どれがルリシジミですか?と尋ねれば多くの方がきっと分からないでしょう。
さらにマイナーなスギタニルリシジミとなれば今回初めて名前を聞いた方も多いかと思います。

スギタニルリシジミは早春の時期から見られる蝶で、水辺でお水を飲むことが有名です
この蝶は恐らくスギタニルリシジミと思われるのですが、この種類は頭の方にかけて色が黒や灰色などの色で濃くなる傾向が多いです。
f:id:aikawa_park:20210314140135j:plain
翅先から頭の方にかけて色が濃くなっていっているのが分かりますね。

しかしこの個体は模様がちょっと特殊なのではっきりとスギタニと判断することができていません。翅に入る黒点がかなり薄いのと途中の模様が飛んでいます。
なのでポイントポイントを見てみて、きっとスギタニじゃないか?と言う判断をしています。
1つの判断ポイントに翅の裏の模様と言うのがあります。
f:id:aikawa_park:20210314140458j:plain
狭い袋内で窮屈そうなので、色はちらっと見えるくらいですが、明るい青と言うよりは暗めの青と紫を混ぜたような色ですね。この暗めの色と言うのがスギタニに見られる傾向なのでスギタニではないかと判断しています。
f:id:aikawa_park:20210314140720j:plain
参考までに近々記事にするルリシジミの表翅の色も見てみましょう。こんな感じで爽やかな空色をしているのがルリシジミの色です。
また、最初に述べたように水辺などでよくお水を飲んでいる姿を見かける機会の多い種類です。(ここを抑えられればスギタニの可能性が高い)
f:id:aikawa_park:20210314140907j:plain
この子はしきりにストローを伸ばして手の汗?を探していたのでやはりスギタニなのではないかと疑っているのです。
今年のスギタニルリシジミの時期は始まったばかりなので、なるべく写真を押さえてルリシジミとスギタニルリシジミの違いを見ていきたいところですね。
早春の蝶たちは、いつ出会えるか?今日来るかな?という探すワクワクがかなり高いので面白いです。 もう1種のミヤマセセリにも出会いたいのですが、なかなかいません。