あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

夏~秋にかけてたくさん見られる黄色い蝶モンキチョウにはモンシロチョウのように点があります。

「黄色い蝶の名前を教えてください。」と尋ねれば多くの人がモンキチョウと答えます。

身近な黄色い蝶には実は2種類があり、1種がモンキチョウ。そしてもう1種はキチョウと言う名前で呼ばれています。

意外とこの2種を勘違いしている方がいるので、改めて2種の違いを見てみましょう。 黄色い蝶をイメージしてスクロールしてみてください。


f:id:aikawa_park:20210526154656j:plainf:id:aikawa_park:20210526155028j:plain
イメージしたのはどちらだったでしょうか?

左がモンキチョウで右がキタキチョウです。

モンキチョウの羽には白い丸い模様が目立つので、2種を比較してみれば一目瞭然なのですが、黄色い蝶=モンキチョウだと見てしまうのは危険です。

園内ではキタキチョウの方が圧倒的に多いんですよね。
f:id:aikawa_park:20210526155255j:plain
この2種は最近紹介したミスジチョウの仲間とは違い、飛んでいる時でも簡単に種類の違いが分かります。

ではモンキチョウの翅を見てみましょう。

表翅の模様が面状にべたりと張り付けたような黒色をしています。

キタキチョウは翅先に黒い模様が付くので全然違いますね。

可愛らしい黒い丸模様も入っているので分かりやすいです。
更に可愛いポイントが翅のお尻側に見られます。
f:id:aikawa_park:20210526155515j:plain
黒丸の下にはオレンジ色の丸まであるんです。

このオレンジ色の丸の位置をよく考えてみると最初の写真の白い丸の位置と重なることが分かりますね。
f:id:aikawa_park:20210526155645j:plain
裏側の白い丸模様と表側のオレンジの丸模様の位置がしっかりとあっていますね。

こういった分かりやすい特徴があるので、皆様も意識して黄色い蝶を捕まえてみてください。


草原性のモンキチョウと同様に開けた環境で見られるタテハチョウの仲間がいます。
aikawa-park.hatenablog.com
また、樹液を好む蝶もいたりします。
aikawa-park.hatenablog.com

↓のカテゴリーの虫取りお役立ち情報では園内での様々な虫の捕まえ方やヤマビルなどの注意点が学べます。
f:id:aikawa_park:20210602090158p:plain

虫取りするならあいかわ公園できまりですね。

園内の自然について聞きたいことがある方は緑色のゼッケンを着た自然観察ガイドまでお気軽にお尋ねください。