あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

園内でミヤマクワガタを発見しました!

今年の梅雨は涼しい印象を受けます。

雨や涼しい気温は甲虫たちの活動が鈍りますが、中にはそういった気温を好む子もいます。

園内では非常に貴重なミヤマクワガタに早くも遭遇することができました!
f:id:aikawa_park:20210703145943j:plain
小型のミヤマクワガタなのですが、ミヤマはミヤマです。この独特な色はミヤマの実物を見ないと分かりませんね。

とはいえの被害でしょうか?かなり変な傷を負っています。
f:id:aikawa_park:20210703150103j:plain
というのも6本ある足の内4本が足の先のかぎづめを欠いています。

これは襲われたものなのか成虫になる時のサナギの時に何かあったのでしょうか?
f:id:aikawa_park:20210703150129j:plain
このように足の先がありません。

4本足で歩くゴリラのように、残った足を突き立てて歩いています。クワガタらしい踏ん張る力は、かぎづめのある子よりも強いかもしれません。

体にはまだまだ金色の毛が生えています。恐らく最近成虫になったばかりの子だと思われます。

f:id:aikawa_park:20210703150319j:plain
実は大きさにも不思議があります。

小型のミヤマは昨年捕まえた↑のこの子のようにの部分がの部分に対してかなり小さいのです。
f:id:aikawa_park:20210703150229j:plain
しかし中と小の間位であるこの子は体が大きいのに姿は小サイズの姿をしています。

も見てみましょう。
f:id:aikawa_park:20210703150624j:plain
この子は顎がしっかりとしています。中サイズに近い顎をしているんですよね。 先ほどの子と比べても顎の突起の数が違いますね。



小サイズの中サイズより。小中サイズとでも呼びましょうか。


f:id:aikawa_park:20210703154322j:plain
なので全体で見てみるととてもアンバランスな姿をしています。腹が異常に目立ちますね。


ミヤマクワガタはその名の通り深山を好みます。

すなわち気温が低く湿度が高い条件が満たされるとみられる可能性が高いです。



丁度ここ最近のような気温が低くて湿度が高い気候はばっちり彼らの好きな場所にあっているわけですね。

とはいえあいかわ公園ではやみくもに探して見つかる種類ではありませんから、何度も足を運ぶくらいの意気込みがないと出会うのは無理でしょう。


aikawa-park.hatenablog.com

しかしながら神奈川県で近年話題となっているキクイムシによる樹液などのコンディションが彼らには追い風です。

これらの痕が分かれば虫取りをする効率は格段に上がりますから、甲虫を探したい人は要チェックですね。

被害のある場所では予想以上の光景が待っていることも少なくありませんよ。

過去に遭遇出来たミヤマクワガタたちです。数は少ないです。
aikawa-park.hatenablog.com
aikawa-park.hatenablog.com

キクイムシ以外にも樹液の出る木の見つけ方があります。差をつける記事を読んでみましょう。
aikawa-park.hatenablog.com

自然観察ガイドブログでは虫取りに役立つ情報がたくさんあります。虫取りに向けて知識をつけてみてはいかがでしょうか?
f:id:aikawa_park:20210704154135p:plain

あいかわ公園の虫に興味の湧いた方は↓のカテゴリーから虫をクリックして見つけたい虫を探しちゃいましょう。