あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。ネタを見つけたら更新中。画像の無断転載は禁止です。

迷彩柄の大きな蛾ウンモンスズメ ♂♀の違いを観察

木に違和感を覚える瞬間

虫たちを探していると枝の隅々まで虫を探すため、予想外の虫たちが見つかります。

葉を流し見していると違和感を覚えたので見直しました。

すると迷彩柄のかっこいい蛾がいたのです。

この子は独特の色合いから密かに人気のあるウンモンスズメと言う蛾です。 

写真には二匹のウンモンスズメが移っています。目立つ色合いの方が♀です。 緑色の♂はなんとなくぼやーっと見ていると、自然の中に溶け込んでしまいますね。素晴らしい模様です。

この形の通り彼らはスズメガの仲間でジェット機のようなフォルムがかっこいいですね。



(こちらは春に見つけたブドウスズメの仲間。特徴的な姿で飛んでいても分かりやすいですね)

ウンモンスズメのようにここまで抹茶色な虫も珍しいと思います。 

夜行性の昆虫なので、恐らく付近の外灯に夜やってきてそのまま葉にくっついたのでしょう。

とても素晴らしい色合いですね。濃淡の違いが本当に葉の濃さの違いに見えます。

♀はお腹が大きく、飛ぶのが大変そうです。

見事な擬態に注目してみよう

どちらとも禿げた木の皮のような色合いをしています。大きさは♂より♀の方が1周り大きく、これは多くの虫と同様ですね。見つけた時には♀の方が先に目に入りました。

スズメガの成虫で緑色の種類はパッと考えた限りウンモンスズメくらいで、特にマーブル模様であれば種類の特定は簡単ですね。


特に翅先にのように入る緑模様は分かりやすいですね。

ちなみに食草はアキニレなので、あいかわ公園の駐車場に食草がたくさんあります。 我々の目に見えないだけで公園には意外といるのかもしれませんね。

外灯を出会いの場としているためか♂♀で出会える機会もありそうです。 昼間はあまり動きませんから見つけた時にはゆっくりと観察してみましょう。


せっかくですから手にのせてみましょう。

するとやはり♂は軽い体で飛んでいき、♀は乗り移ってきました。

スズメガは頭部もとがっているように見えますね。 そして蛾の仲間には止まる時に触角を伏せるものがいます。

顔はこんな感じです。触覚や複眼が上からではうまく隠れていることが分かりますね。ですから止まっている時と活動しているときの印象が違う虫でもあります。 

この発見で園内にも模様の面白いウンモンスズメが生息していることが分かりました。

色や模様が目立つものは印象に残りやすいですね。
同じスズメガの幼虫はこちら↓
aikawa-park.hatenablog.com
夏はスズメガの季節です。興味があれば探してみてください。