あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。ネタを見つけたら更新中。画像の無断転載は禁止です。

ミヤマカラスアゲハの夏型。春型が美麗とされるが夏も十分美しい。

レア昆虫ミヤマカラスアゲハ

黒いアゲハには何種類かおり、その中で最大の輝きを持つのがミヤマカラスアゲハです。ミヤマカラスアゲハは山地に生息するアゲハチョウで、平地で姿を見ることは厳しい大変美しい蝶です。
aikawa-park.hatenablog.com

こちらはカラスアゲハの春型です。カラスアゲハの仲間には春型と夏型という季節型があり、一般的には春型が美しいとされています。

夏型は春に比べると輝きは弱くなりますが、美しいことに変わりはありません。

こちらがミヤマカラスアゲハです。先ほどの写真と何が違うかわかるでしょうか?
翅に光沢のある筋が入っていますね。これはミヤマカラスアゲハの明確な特徴です。この線がはっきりとつながっていることからミヤマカラスアゲハの♀であると分かります。 


はっきりと白線はつながっていますね。♂の場合には性標と呼ばれる特有の欠けた部分が現れます。♂のほうが美しいです。

カラスアゲハの春型をもう一度見てみましょう。

春型の姿です。翅の付け根の所にグレーの模様が広くみられているのが分かります。

これが性標で、ミヤマカラスアゲハも同様に見られます。



ミヤマカラスアゲハとカラスアゲハは翅の裏側、それの後ろ側の翅でも判別することが可能です。

カラスアゲハはここに白い線がないのが1つの特徴です。

これは主に春型で顕著に見られ、夏型ではあくまでその傾向にあるという話です。

この個体は翅が既にボロボロになっており、白線は不鮮明になっていました。そのため後翅では判別ができません。こうした見分けには複数のポイントを見ていくのがコツですね。


ちなみにこれだけ美しいカラスアゲハ類も飛んでいるときはクロアゲハに見えます。

飛んでいるときには特有の美しい光沢も分かりにくく、捕まえてみたらカラスアゲハだったということもあります。 

怪しいアゲハチョウを見かけたらその姿を追いかけて捕まえてみましょう!

そして美しいその色合いに驚いて欲しいものです。