あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。ネタを見つけたら更新中。画像の無断転載は禁止です。

水辺にカマキリを連れていく奇妙な寄生生物ハリガネムシ。轢かれたカマキリや水辺のカマキリを観察してみよう

秋の水辺をよく見ると何かがいる?

寒くなり始めるこの季節。人気の昆虫カマキリがよく見られる時期です。

カマキリと言えば昆虫界の中でも上位に立てるほどの強い虫といえるでしょう。

しかし、そんなカマキリですら手も足も出ない生き物がいます。それがハリガネムシと言う生き物です。



やや見にくいかもしれませんが中央にいます。
あいかわ公園では特に早朝に見つかることが多いです。

ハリガネムシは水辺に現れる水生の生き物なのです。なんだか意外ですよね。

ハリガネムシの姿とは?

早速捕まえてきました。ハリガネムシは人間に寄生することはないので、素手で触れても大丈夫です。

ハリガネムシはテレビなどでは目にすることがあるでしょうが、実物はなかなか見かけることの無い生き物だと思います。街中では水辺環境が少ないためだと思われます。彼らが生きていくためには水辺とカマキリなど肉食性昆虫が豊富に生きていける自然環境が必要なんですね。


水の中に入れておくとにょろにょろと独特な泳ぎ方で動き回っています。細いヘビという印象です。

何を考えているのかは全く分かりませんが、何かを目的に行動したいという意思は感じます。実際は産卵のために相手を探しているんですけどね。

この時期になると園内でも良く見つかるのですが、色や長さなどが種類によってかなり違うようで、見かけるとついついNo.1の長さのハリガネムシを探してしまいます。長いものでは40~50㎝近いものもおり、なかなかサイズの図りがいがある生き物です。

ところでこんなに長い生き物がどうやってカマキリの体内に侵入するのか気になりますよね。

物理的にお尻から進入していくのでしょうか?

それには彼らの生態が関わってきます。

ハリガネムシの見事な生態

ハリガネムシは水辺に生息している生き物で、産卵も水の中に行います。

すると小さな蚊の仲間やカワゲラトビケラなどの水中の泥などを食べる昆虫に食べられ、小さな虫の中に入ります。

水生昆虫の中でもカワゲラたちはその後陸上に移動する昆虫なので、今度は彼らをトンボバッタなどの肉食性昆虫が食べます。

(肉食性バッタのクダマキモドキの仲間)

それが巡りにめぐっていくと昆虫の中でもかなり強い(食物連鎖の上にいる)カマキリのお腹に入るのです。カマキリ以外にもキリギリスなど肉食性昆虫や一部の雑食性昆虫への寄生例もあります。

しかし、ハリガネムシは寄生したカワゲラが死ねば共に死にますし、運よくカマキリに入れても水辺にたどり着けなければカマキリと共に死んでしまいます。
最終目的地へ昆虫を向かわせている途中に轢かれてしまっている場面にもよく遭遇します。

あらゆる困難を乗り越えた子達がこうして姿を見せてくれているのです。

そう考えるとこの細長い生き物の一生を思い浮かべてみるのもとても面白いですね。

ハリガネムシが大好きなカマキリはハラビロカマキリと言われています↓
aikawa-park.hatenablog.com