あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。ネタを見つけたら更新中

あいかわ公園の春を盛り上げる桜やツツジのお花たち。足元の山野草も探してみよう

ソメイヨシノの季節

ポカポカ陽気とともに桜も見ごろを迎えています。3/30日の時点で桜がとても綺麗です。(4月6日時点でもまだ十分見られます)
f:id:aikawa_park:20220330134602j:plain
こちらは宮ヶ瀬ダムへ向かう途中の桜たちです。毎年両サイドが見事に色づくため、上を眺めながら歩く方がとても多いエリアですね。

見ての通り今がピークと言った感じです。
ここはサクラのエリアだったのですが、昨年スイセンを植えました。ようやく芽が出始め、桜とともに楽しめます。
f:id:aikawa_park:20220330134820j:plain
スイセンと一緒に桜を見ているような素敵な雰囲気が味わえます。


こちらは下り坂ですが、工芸工房村方面へ上る坂においても桜を見ることができますよ。
f:id:aikawa_park:20220330135036j:plain
見ての通りですが9割~満開の割合ですね。ここ数日が綺麗な状態を堪能できる日になるでしょう。サクラの花はあっという間に散ってしまうのが惜しい所ですね。(寒さの影響で今年は花持ちがいいです)

園内にはソメイヨシノ以外にも何種類かの桜が植えられています。
f:id:aikawa_park:20220330135310j:plain
赤系の桜「ヨウコウ」と呼ばれていますが、ソメイヨシノよりもかなり濃い赤ピンクが印象的です。ソメイヨシノの坂を道なりに歩いていくと2本だけあります。

つつじも眺めてみよう

季節的にはツツジと桜の人気が高いですね。

ツツジの方面ではミツバツツジが咲き始めましたよ。
f:id:aikawa_park:20220330135617j:plain
大きなピンクの花をたくさんつけるのがミツバツツジです。花にグッと近づいてみるとかなり迫力があり、お気に入りの一枚です。

今年は濃いピンクのミツバツツジと薄いピンクのソメイヨシノが同時に咲いていますね。

園内はピンクがかなり目立つ状況になっています。

ミツバツツジは4月6日時点で見ごろを迎えています。(追記)


そんな中でも園路を歩けば春らしい山野草たちが見つかります。

桜たちにも見劣りしない山野草たち

f:id:aikawa_park:20220330133513j:plain
森のわたり橋付近にある薄暗い森の小径に入っていくとミミガタテンナンショウが多数目に入ります。薄暗い林床にぼんやりと咲いているとちょっと怖いかもしれませんね。この仲間は園内では2種類見つかります。探してみてください。
f:id:aikawa_park:20220330132909j:plain
同じく暗い林床に生えるのがナガバノスミレサイシンです。 

こちらは白花種でシロバナナガバノスミレサイシンと言うものですね。
山野草で春と言えばやはりスミレの仲間です。運が良ければ花を訪れる虫にも遭遇できるかもしれません。

木と比べると地味かもしれませんが、派手な色ばかりに目を向けているとこうした足元の美しい花たちを見逃してしまうものです。
f:id:aikawa_park:20220330140602j:plain
桜ほどの豪勢さはありませんが、可愛らしいピンクの花をつけるウグイスカグラも咲いていましたよ。

森の小径周辺を意識しながら歩いてみるとこういった花たちがに視界に入るはずです。

aikawa-park-sanyasou.hatenablog.jp
aikawa-park-tutujizukan.hatenablog.jp