あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。ネタを見つけたら更新中

大輪の白いツツジ、ヒラドツツジと花で踊る足の長いクモ。

大型のツツジが見頃を迎えています。

小型のツツジは終わり始めていますが、大輪のツツジがいい頃合いです。

園内では郷土資料館付近で見られるヒラドツツジが美しく咲いおり、なかなか見ごたえがあります。

ヒラドツツジは街中でもよく見かけるオオムラサキツツジなどと同じヒラド系と呼ばれるツツジのカテゴリーです。

手のひらほどはある大きく見事なお花を咲かせます。

ヒラド系では白~濃赤までいろいろな色がありますが、園内で目立つのは写真の白ベースにピンクの斑点があるものです。この色合いは太陽光に透かしてみるととても美しいんです。

ピンク色の場所にもしっかりと意味があります。こちらはネクターガイドと呼ばれており、虫たちに蜜のありかを知らせる上で重要な役割を持っています。 

虫は紫外線が見えるため、ツツジの花の中でもこのまだら模様の部分がよく反射するように見えているんですね。

蜜のありかに待ち受ける生き物


植物が虫たちにお知らせしているこのまだら模様を活用する生き物がいます。

それが捕食者のクモたちです。中でも腕が長いクモがよく見られます。

今にもとびかかろうとしているこちらのクモ。私に対して威嚇してきています。
 
ネクターガイドの上で待ち伏せをしています。

獲物がやってきて花の中に顔を突っ込むと上から奇襲を仕掛けるのでしょうか。

この手のクモは皆様がイメージするクモのように巣を張ることはなく、長い手を使って獲物に抱き着くようにして捉えます。
獲物を素早くとらえるために毒を持つものがいるため、注意が必要なものもいます。

尾をあげて何をしているのでしょうか? 

この時、クモは1本の糸を出していました。出した糸が風に乗ってどこかにたどり着くとその糸に自身が乗ってワープするかのように大きな距離を移動するのです。 

皆様も夏の夕方などに道の上でなぜかクモの糸にかかった経験がありませんか?
あれがクモの移動時に出した道糸です。

園内ではこの時期にツツジを中心に様々な虫たちが見られます。 昆虫採取に挑戦してみるのもおススメですよ。
aikawa-park-tutujizukan.hatenablog.jp
ツツジの情報はこちら。