あいかわ公園自然観察ガイド

あいかわ公園で見つかった植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。

ツツジの花ってどんな花? その2

昨日に引き続きあいかわ公園で旬を迎えたツツジの花を見ていきましょう。

f:id:aikawa_park:20200403150404j:plainf:id:aikawa_park:20200402164004j:plain
今日は花の形から見てみます。
咲いているツツジたちを見ていると、5枚の花弁があるように見えます。5枚の花びらと言えば桜が浮かびますが、決定的に異なる点があります。それはサクラの花は別々の花びらであるのに対し、つつじの花は1枚の花びらに切れ込みが入っているということです。根元の部分では繋がっているのですね。
ツツジは花が合わさった花なので合弁花と呼びます。

花を裏っかえしてみましょう。
f:id:aikawa_park:20200403150928j:plain
ツツジの仲間には大きな合弁花を包み込むように緑色のガクという部分があります。
多くの植物の花にもあるものなのですが、つつじの仲間にはさらに特徴があります。
さらに見てみましょう。
f:id:aikawa_park:20200403151228j:plain
拡大してみると毛がたくさんついているのが見えると思います。ツツジの仲間にはこの毛に加えて少しの粘液を持つものも多く、外側の花の付け根から蜜を盗もうとする悪人をとっ捕まえてしまうのです。種類によってはタンパク質を分解する成分を持っているそうですよ。ある意味食虫植物なのかもしれません。
f:id:aikawa_park:20200403151735j:plain
いかにもねばねばしていそうな雰囲気です。生えているツツジの花のもとへ手を当ててみるとジュースをこぼした時のカーペットのようにペチャっとした感触がします。試してみてください。

ツツジの花を見ていると、最初はどれも同じ花に見えてしまいます。そこでツツジ観察のポイントを確認してみましょう。
似た色も多く、見分けにくいのが多いのですが比較的簡単に分かるものが二重咲きの花です。
二重とはどういうことか確認してみましょう。

f:id:aikawa_park:20200403150928j:plainf:id:aikawa_park:20200403152639j:plain
左が一重咲き右が二重咲きです。違いは明確で花が二重に咲いているのです。
この部分は植物の面白い所であり、難しい所でもあります。花が2重に見えますが、実はそうではないのです。2種の写真を比較してみると2重にはなくて1重にはあるものがあります。ずばり緑色のものです。ガク でしたね。
二重咲きの重なったように見えるこの花びらは実はガクが変化したものだと思われています。その証拠に右の写真の付け根には緑色のガクがありません。綺麗につるつるになっていますね。花として見えているだけで花のつくり自体は変わっていないのです。つまり花びらがありガクがある同じ形なのです。

赤とオレンジを混ぜたような色の物がヤマツツジでピンクの二重がコチョウノマイという種類です。ヤマツツジは野生にも生えている種類ですね。

f:id:aikawa_park:20200403153741j:plain
私はヤマツツジの色味が好きです。そのなかでも立体感をつけて撮るのが好きですね。皆様もお気に入りのつつじを見つけてお気に入りの取り方を探ってみてください。明日からツツジの種類を紹介していきます。

ツツジの花ってどんな花?

いよいよあいかわ公園の最大の見どころともいえるツツジが賑やかに斜面を彩っています。
あいかわ公園では約40種類ものツツジを見ることができます。色々なツツジのカラーバリエーションとその面白い花の形を見比べてみてください。
ツツジの花たちを紹介する前に皆様もツツジの事を少し知っておきましょう。

f:id:aikawa_park:20200402164004j:plain
分解するツツジはこちら 花の斜面で鮮やかなピンク色で主張してくれるミツバツツジと野生でも生えている赤色のヤマツツジです。スミレやサクラなどと同様に花の形は2つの花とも同じ仲間なので似ています。分解していきましょう。

ツツジの花を見つけたらまずは中をのぞいてみましょう。大きく咲いた花であればそこには独特な模様があることがわかるはずです。
f:id:aikawa_park:20200402165632j:plain
写真下の赤い模様です。この模様は以前紹介したシソ科の花が虫を呼ぶ目印と同じように、ここに蜜があることを表しています。この部分の花びらをよく見てみましょう。

f:id:aikawa_park:20200402165946j:plainf:id:aikawa_park:20200402170020j:plain
模様のある花びらは、花びらの底がくぼんでいます。その部分をよく見てみるとキラキラした蜜があるのが見えるでしょうか?しっかりと虫を密におびき寄せる戦略が機能していることが分かりますね。

虫たちをおびき寄せていったい何がしたいのでしょうか?そこで花に付くヒモのようなパーツを取り除いてみました。
f:id:aikawa_park:20200402170324j:plain
下の長さをそろえてあります。これは左から2番目をのぞいて雄しべと呼ばれるものです。2番目の物は雌しべです。おしべは花粉を出すのですが、つまり蜜で虫をおびき寄せて体に花粉をつけようという戦略ですね。この時、どのようにするとたくさん花粉をつけられると思いますか?

ずばり雄しべの長さが違えば色々なところで触れやすくなるのです。
f:id:aikawa_park:20200402170739j:plain
どうでしょうか? 何本かが外れたところに伸びていますね。横から虫が来ても右側の1本がしっかりと花粉をつけてくれそうです。
ここで皆様が疑問に思うのは、花粉はそんな簡単にくっつくの? という点だと思います。ツツジは実に面白い特徴があるんです。おしべの先が白くなっているのが見えるでしょうか?
この部分は葯と呼ばれるのですが、つつじにはこの部分に穴が開いています。そして機を伺うかのように虫を待っているのです。一度虫が葯に触れると!
f:id:aikawa_park:20200402171346j:plain
びよーんと花粉がくっついて伸びるのです。伸びてペタッと張り付きます。少し粘着性があるようです。実に面白い不思議をたくさん持つ植物ですね。

明日もツツジの仲間の不思議を紹介していきます。
朝8時の更新をお楽しみに!

新芽の時期

あいかわ公園からダムのほうへ歩いていくとみられる植物の種類がガラッと変わります。水辺で日当たりが良く風通しもいい環境に変わるからです。
山菜の季節を迎えている今、山菜の王様が出始めています。
f:id:aikawa_park:20200328092714j:plain
タラノメという名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。タラノキの芽なのでタラノメと呼びます。開けた日当たりのよい斜面を好むのでこのようなダムの斜面はうってつけの場所なのです。人気の山菜の一つですが、ダム周辺の物は柵を超えた斜面にしか生えていません。進入すると落ちる可能性があるので入らないようにしましょう。
タラノメは、タラノメとしか呼べない味がします。天然物はほんのりとした苦味と独特の鼻を抜ける香りに加え舌の上にのこるようなしっかりとしたコクがあります。てんぷらにすると最高においしい食材の1つだと思います。

風の子橋付近では食べられませんがとてもおいしそうなオニグルミの新芽が展開し始めています。
f:id:aikawa_park:20200328093225j:plain
芽全体に細やかな毛があり、なでてみるとカーペットのような質感です。オニグルミは市販されているペルシャグルミと比べると食べる箇所も少なく身も取り出しにくい欠点がありますが、炒って食べるとなかなかに香ばしくおいしい食材です。あまり知られていませんが樹液にクワガタが集まる木でもあります。
河原ではクルミの樹液を探し回ってカブトムシクワガタムシを見つけるんです。

森のわたり橋周辺ではヤブレガサが出ていました。
f:id:aikawa_park:20200328093609j:plain
こちらも山菜として食べられている植物で、好き嫌いが分かれる強い春菊のような香りを持ちます。
見た目が非常にかわいらしく、まさに名の通りびりびりに破れた傘のような雰囲気をもっています。1本見つけると周りにまとまって生えていることが多い植物でもあります。
f:id:aikawa_park:20200328093844j:plain
この辺りではどんどん生えてきていました。今は閉じた時の傘のようですがこの後葉を広げ、まさに傘の状態になります。
あいかわ公園のいたるところで小さな花や芽吹きが始まっています。散策の際にはぜひ足元をじっくり見ながら歩いてみてくださいね。

花の周りがにぎやかです

花を観察していると突如としてブーンという羽音が聞こえてくる季節になりました。この時期に見かける素早い黄色い虫がビロードツリアブです。
反応が素早く写真を撮ることが難しい種なのですが、残念ながらパークセンターで死んでしまっていた個体でゆっくりみてみましょう。
f:id:aikawa_park:20200326160716j:plain
生きているときは羽が見えない位の速度で動きます。なのでブーンという音が結構大きく聞こえます。ビロードツリアブの質感はぬいぐるみのようにふさふさで、まるでマスコットのようです。
最大の特徴は口にあります。
よく見てみましょう。
f:id:aikawa_park:20200326160905j:plain
口が細長くのびているのが分かると思います。一体この口には何のメリットがあるのでしょうか?こんな細長い口じゃないと味わえない花があるのでしょうか?
ここで過去の記事に出てきた春の花を振り返ってみましょう。

f:id:aikawa_park:20200321160601j:plainf:id:aikawa_park:20200321161132j:plainf:id:aikawa_park:20200322161538j:plain
この辺りの花が分かりやすいでしょうか。
左からジロボウエンゴサクムラサキケマン、ヒメスミレでしたね。
花が細長くなっているため、普通の昆虫では花の奥にある蜜を吸うことができませんがこのビロードツリアブは細長い口を持つので蜜を味わうことができるのです。今の季節にはムラサキケマンの花の辺りやタチツボスミレの群生しているあたりでたくさん見られます。
探すのであれば冒険の森入口の斜面や風の子橋周辺の落ち葉を捨てる辺りのタチツボスミレに群がっていることが多いです。
虫も徐々に出てきているあいかわ公園を散策してみてはいかがでしょうか?

誰もが知ってるあの植物

春が近づき、誰もが知っているあの植物も咲き始めました。今日は知っているようで知らない植物の世界をお伝えします。
f:id:aikawa_park:20200311083844j:plain
名前を知らない人はいないのではないかと疑いたくなってしまう超有名植物のタンポポです。
今年すでに見た方も多いのではないでしょうか。
では、身近なタンポポには種類があるということはご存じでしたか?有名なのは日本のタンポポカントウタンポポ)と外国のタンポポセイヨウタンポポ)です。
写真の物は一体どちらなのでしょう? 実は簡単に見分ける方法があります。(カントウとセイヨウのミックスもあるため目安とお考え下さい)
f:id:aikawa_park:20200311083859j:plain
タンポポの花を見かけたら、花の下をのぞき込んでみましょう。花の付け根の部分が反り返っていればセイヨウタンポポ外来種の可能性が高いです。
カントウタンポポはこの部分が全く反り返りません。身近なタンポポをみつけたらひっくり返してみてください。

ところでタンポポの花はどこがご存じでしょうか?写真に写っている所ですか?具体的にはどのへんでしょう?
タンポポのこの球状の部分をお花ととらえている方は惜しいです。間違ってはいません。
タンポポの花が黄色の部分全体であるならば、タンポポの綿毛の形がおかしいと思いませんか?1つの花からたくさんのタネができてしまってますね。
f:id:aikawa_park:20200311083924j:plain
実はタンポポの花というのはこの小さな花の集合体なんです。破片じゃありませんよ! よく見てみてください。1枚の花にちゃんとおしべめしべがついています。この花の集合体なのでたんぽぽのタネは丸い形になるのです。
キク科の植物の多くはこのような集合した花をつけます。外で見つけることがあったらちぎって確認してみてくださいね。

タンポポの裏側をひっくり返しながら歩いているとついに見つけました!

f:id:aikawa_park:20200328094435j:plainf:id:aikawa_park:20200328094459j:plain
花の見た目はほとんど変わりませんが裏をひっくり返してみると? 反り返っていません! 先ほどの写真と比べてみてください。
タンポポの外国人たちの中から日本人を見つけることに成功しました。 ほとんどがセイヨウなので、カントウタンポポを見つけると嬉しくなりますよ。
挑戦してみてくださいね!

春の代表的な蛾

春といえば虫の季節なのですが、いよいよ大型の蛾がでてきました。
f:id:aikawa_park:20200320160004j:plain
桜の木などで見られるトビモンオオエダシャクという大型の蛾です。この蛾の幼虫は7cm近くの非常に大きなシャクトリムシなのですが、恐らく皆様はそんなに大きなシャクトリムシは見かけたことがないでしょう。それもそのはずで体が枝にそっくりなのです。幼虫の写真が無くて申し訳ないのですが、運よく見かけることでもない限り見つけるのは難しいです。興味の湧いた方は検索をしてみてください。

トビモンオオエダシャクですが、見た目の通り樹皮に体の色が似ています。そのため木にくっついていると見つけにくかったりするのですが今回はあいかわ公園の壁で見つけられました。やはり今の季節に虫を捕まえようと思ったときは壁が効率良いかもしれませんね。
シャクトリムシはシャクガの仲間なのですが、小型の蛾が多いです。その中でもトビモンオオエダシャクはかなり大きい部類に入ります。羽を開けば最大8cmになるものもいるそうです。今回見つけた個体は羽を開いていないので4cm位でしょうか。触角を隠していてかわいいですね。
f:id:aikawa_park:20200320161312j:plain
上から見てみるとかなり体が大きいことが分かると思います。頭の付近がぬいぐるみのようにふさふさなのは以前のアトジロエダシャクなどと同じようですね。
f:id:aikawa_park:20200314085154j:plainこちらがアトジロエダシャクです。
トビモンオオエダシャクはサイズが大きいのでわかりやすいですが頭の色に白と黒の線が入ることが分かりやすいですね。
f:id:aikawa_park:20200320161704j:plain
正面からはこのような感じです。触角が上から見た時と比べるとうまく隠しているのが分かりやすいと思います。
写真中央の触角付け根付近の白色があると思います。そこの下に人間でいう目の部分があります。
今の時期の蛾はまだ寒い時期なので動きも鈍く手のひらに乗せやすいです。蛾は一部毒を持つ者がいるので手にのせる際にはしっかりと調べてあげる必要がありますが、逆にしっかりと虫の事を知ってあげれば触れ合うたびに興味と愛着がわいてくると思います。
私も昆虫は全然詳しくないのですが、壁にあつまる蛾を調べていくうちに蛾の世界に踏み込んでみようかという気分になってきています(笑)
気持ち悪い気味が悪いと思う色眼鏡を取っ払い、虫たちと触れ合ってみると興味を持つ子供たちはとても多いです。
触れるか調べるのが億劫な方はぜひあいかわ公園の自然観察ガイドで生き物たちとの触れ合いに挑戦してみてはいかがでしょうか?
虫がもう少し出てきたら虫網をもって一緒に虫と触れ合いましょう!

釣りができそうな植物

花の斜面の奥のほうでは奇妙な葉がでています。
f:id:aikawa_park:20200326094638j:plain
手のひらをぱっと開いたような形にも見えますし、学校のイベントで使う飾りつけのような形にも見えます。上にぶら下げれば屋台ののれんのようにも使えるかもしれません。
この葉っぱは鳥の足に見立てられる形なのですがどうでしょうか? なんとなく鳥あたりの足に似ていますかね?
葉の形が特徴的な植物ですが花にも特徴がしっかりとあります。実は以前紹介したミミガタテンナンショウのお友達、つまりこんにゃくなどの仲間なのです。
f:id:aikawa_park:20200326094942j:plain
花を見て、まずどこに目が向きますか?形でしょうか。それとも色でしょうか?この花の最大の特徴は、長ーい釣り竿のような部分です。
f:id:aikawa_park:20200326095122j:plain
ミミガタテンナンショウでいうところの写真中央部分の棒です。比較してみるとなにやら写真外にまで伸びてしまっています。この部分を浦島太郎の釣り竿に見立てたのかウラシマソウと呼ばれます。
こんにゃくの仲間たちにはこの棒のような部分があるのですが、虫がこれを伝って根元にある本当の花にたどり着けるようにしているようです。
以前もお伝えしましたがこの花の本当の花は紫色の部分の内側にあります。
f:id:aikawa_park:20200326095720j:plain
この釣り竿は50cm位はあるでしょうか。不思議な植物です。あいかわ公園で不思議なこんにゃくのお友達たちを探してみてくださいね!