あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。ネタを見つけたら更新中。画像の無断転載は禁止です。

雪のあいかわ公園 南山

雪の日に少し違うハイキング


本日神奈川では雪予報が出ていました。山地よりのあいかわ公園では標高差によりはっきりとした雪のラインが現れます。
風の丘から高取山の方を見てみると山の上部分およそ500mラインを境目に雪が積もっている様子でした。
こんな日はスリップしない装備を身に着けてハイキングしてみるのも楽しいものです。
(私は慣れているので長靴で登りました)


登山口から入って早々麓からも見えたガスのエリアに入りました。車などで霧があると怖いものですが、しっかりした登山道で道迷いの心配がなければ中々にワクワクできるシチュエーションです。木の根が滑りやすいので状況に夢中になって滑らないように気を付けながら丁寧に進んでいくのがおすすめです。


今回の雪は降水が弱いので標高の影響をよく受けているようです。300m程度の付近から積もり始めている様子が見られました。
普段見ている景色が白くなっているだけで違う場所のように見えます。
植生が標高と共に変化していくように自然現象である雪もまた標高による気温の変化によって姿を変えます。
気温は100mで約0.6℃違うと言われますが、麓気温が1.6度程度の予報である今日の様な日はまさにその標高差を観察するチャンスなんです。


山中の雰囲気は雪山です。ガスにより周囲が見えないことで標高を感じられません。
南山は500mちょっとの低い山なので安心感が高いですが、より標高の高い場所ではかなり怖そうな雰囲気です。
特に山中など暗く、雪が積もると先行者の跡や簡単な道が消えてしまいます。そのため雪山に行くのはかなり覚悟がいるというのが個人的な視点です。
雪山の雰囲気を味わいたいという方には南山はぴったりです。


今回は木の幹や枝先に雪が積もっている程度で地面にはあまり積もっていませんでした。おおよそ3㎜程度でしょうか?
2月の頭の雪では同じ場所で6㎝程度積もっていたのでずいぶん違います。
雪が積もるとこうした人工的な階段は雪が斜めに積もってかなり滑りやすくなります。今回はかなり上りやすかったですね。


雪のピーク前に登り、鉄塔付近でこんな感じでした。地面にこそ雪が大してありませんが、見渡してみると枝ぶりなどは真っ白であり、雰囲気を味わうには最高の雪模様でしたね。

南山は普段宮ヶ瀬ダムや橋本方面に近いのでそこからの音がよく入ってきます。
雪の日は音もなく人気もない、ただただ雪が流れていく様を静かに観察することができ、とても落ち着きます。
ヘリや飛行機、鳥たちも囀っていないので静寂しています。


この日は人にも会いませんでした。雪が降った後は山に登りに来る人がいます。しかし雪が降っている最中となるとやはりなかなか大変なのかもしれませんね。南山には写真の鉄塔付近に東屋がありますので、吹雪いていなければ雪を避けながら持ち込んだ食事など楽しめます。

今年の機会は少ないかもしれませんが、雪の日ならではの楽しみが満喫できるので興味のある人にお勧めできます。
スリップにだけは十分注意しましょう。

あいかわ公園で発見されたシイタケを展示中

パークセンターにシイタケ出現中

現在パークセンターで木から生えているシイタケを展示しています。日々成長しており、シイタケがなくなるまでの期間限定展示です。

シイタケはスーパーなどに並ぶ食材として人気が高いものです。しかし自然界でシイタケがどのように生息しているのか?を観察する機会は多くはありません。

そもそもシイタケとは何でしょうか?

エノキタケがエノキに生え、マツタケが松に生えるようにシイタケはシイ(どんぐり)の木に生えるキノコであることが由来であると考えられています。

皆様が日々食べるシイタケの部分というのは子実体(しじつたい)と呼ばれる胞子を飛ばしていく部分です。

ではキノコの部分が本体でないならば彼らは何なのか?と聞かれれば木材を分解する菌類であると言えます。木材を分解する菌類は自然界中に幅広く生息しています。彼らが持つ優れた能力の一つに難分解性の植物細胞を分解する力があります。

例えば落ち葉は秋にとても厚く堆積しますが微生物により分解されて木々や土中の栄養分としてまた循環していきますよね。加えて植物が落とすものとしては枝や枯損した幹なども含まれます。

こうした難分解性の物質が大量に地表を覆ってしまえば地上は枝や枯れ木まみれになってしまいます。しかし実際にはそうはなりませんよね。

枯れ木を分解し養分を再び土壌に返すのがシイタケを始めとする腐朽菌(ふきゅうきん)の仲間たちです。シイタケの本体はシイタケの可食部が出ている木材の中に白い菌として存在しており、枯れ木に含まれる栄養分を分解しながら3年ほどの月日をかけてようやく我々が食べるシイタケが出てきます。

冬の食材として重宝するシイタケにこんな側面があるとは驚きですよね。そうした木々を分解して出てきたキノコの姿をそのまま展示していますので、興味のある方はお早めにパークセンターまでお越しください。

冬芽観察が楽しめる冬のあいかわ公園

冬のあいかわ公園で何を見る?

1月に入り冬らしい気候も感じられる日々が続きますね。
あいかわ公園の木々たちもすっかり葉を落としてしまい園内は寂しい雰囲気が漂っています。

そんな雰囲気の中だからこそ楽しめるのが冬芽の観察ですね。

冬芽の違いをよくみてみよう


冬芽には色々な種類が見られます。しかし最初はそういった用語などに捕らわれずに純粋な違いを見ていくのをお勧めします。

下手に先入観を入れてしまうよりも自分の思うように感じたことを見ていけばいいと思うのです。

例えば上の写真はミズキという植物です。この冬芽は枝も芽も赤いのが中々にユニークですよね。

ミズキは雑木林の普通種であり、ちょっとした木々の環境があれば目にすることができます。

園内にはミズキ科の植物が複数見られます。これはクマノミズキという植物で、葉や花の雰囲気ともにミズキにそっくりです。

しかし冬の時期であれば2種の違いは初心者でもわかるくらい簡単に判別できますね。

クマノミズキの冬芽は黒く、そしてなんだ固そうな印象を受けるはずです。たくさんの冬芽を見ていく中で何が違うんだろう?という点に興味を持ち始めたならば植物的な名称を覚えていきましょう。

いくつか見やすい冬芽を紹介しておきます。

イヌシデは冬芽も大きく観察しやすい種類です。イヌシデの仲間も雑木林の普通種であり、冬は茶色い芽を付けています。
アカシデという芽が赤っぽい冬芽もあり、比較が楽しめる種類です。園内では冬芽を利用する虫こぶの生成も見られ、通常の芽と異形になった芽を見ることもできます。

ドングリの冬芽はボリューム感があって面白いものです。植物には上の方がより伸びやすいという性質があります。そのため幹の途中につく芽の数よりも幹の先端につく芽の数の方が多くなりがちです。ドングリの仲間はこの傾向がより強いようで、複数の可愛らしい芽がおしくらまんじゅうをするかのようにギュッと集まっています。可愛らしいのでお勧めです。

その他冬芽について聞いてみたいことがあればパークセンターの自然観察ガイドまでお尋ねください。
冬の自然情報などにもお答えします。

紅葉情報の紹介 短報


イチョウが見ごろを迎えています。今週末には黄色い絨毯が楽しめるのではないかと思います。
あいかわ公園のものは銀杏がならない♂株なので臭くなく、SNS映えを狙う外国の方が毎年よく来ています。
イチョウの葉をぶわっと投げて撮影していますよ。



公園で最も美しい紅葉は、花の森の上にありました。
あまりにも美しい深紅の紅葉です。付近には同じ種類のイロハモミジが多数あるのですが、なぜかこの1本だけ色が濃いです。
寒暖差の影響や日当たりの差は大きく違わないと思うのですがなぜでしょうか?不思議ですね。

風の丘付近にはドウダンツツジがあります。色付きはあまりのですが丸い形のものとは異なる姿をしているので、木らしい姿を楽しめます。

園内の紅葉は今日がかなり良い頃合いでした。今週末ではやや遅いかもしれないですね。美しい紅葉を見たい方は朝早い時間に来るのがおすすめですよ。

あいかわ公園 最新紅葉情報

紅葉目当てなら今週中の訪問がおススメ


暖かい気候で今年はイマイチ進みの遅かった紅葉ですが、ここにきて一気に進んだように思います。
園内ではモミジ類を中心に良い頃合いのものも出現しています。今年のモミジ類は寒さが一気に入ったからかここ最近では一番の色づきを見せています。

噴水広場のオオモミジは今日あたりからベストな色合いです。黄色と赤、オレンジが入り混じり大変綺麗です。
オオモミジは園内では数少ないモミジで毎年綺麗な色を見せてくれるのですが、今年は特に淡いというか柔らかい色合いが目立ちます。

園内のイロハモミジは赤色のものばかりなのでこの色は目につきますね。紅葉全般は色を撮影したいならば朝一番を選び、肉眼で楽しみたいなら午後一番ぐらいも美しく見えます。

落ちたモミジもいいですね。紅葉狩りをするなら今週はいいと思います。

イロハモミジも赤色に色づき始めました。全てが色づいている訳ではありませんが、色を目的に来ても楽しめるくらいには赤色に変化しています。

公園のモミジにしてはここ数年で1番綺麗だと思います。こんなに赤く変化しているのは初めて見ました。今年は暑い気候から一気に気温が落ちたので、じわじわと色が変わるのではなく急激な変化をもたらしたのではないかと思います。

写真は彩度をいじっておらず、なるべく目に見えたままを写すように意識しています。

園内各所のモミジがこうした色合いに変化しています。さらに美しいモミジを見たいならば石小屋ダムの方に足を運びましょう。

撮影時刻の問題もあり、そのままの色合いを写すのが難しかったのですが、このエリアのモミジは絶対に見ていただきたいです。
あまりにも濃い赤色で、朝の光でないと美しく映せないくらい濃い色をしています。

ダム周りは谷になっており水辺です。そのため平地よりもさらに気温が低いためこうした鮮やかな色合いになりやすいのだと思います。
色の変化の違いを環境条件から探ってみるというのも紅葉の楽しみ方の1つですね。

肉眼では曇りの条件も色濃く見えるので楽しいですね。週末にかけては晴れならば晴れの顔を、曇りなら曇りの顔を楽しめるのでいい時期です。
紅葉はあっという間に変化してしまうので、僅かな木々の色合いを楽しんでください。

自然情報 11/15更新

最新自然情報の紹介

今週に入り気温が一気に下がりましたね。それに合わせて自然も姿を変えています。あいかわ公園の自然情報の紹介です。

バードウォッチングが楽しくなってくる時期ですね。ダムの天端にてトンビが飛んでいました。
ダム天端はバードウォッチング的にはとてもおすすめのスポットです。ハヤブサやミサゴといった人気の猛禽が飛んでいる可能性もありますので、興味のある方にとてもおすすめです。

先日の暖かい気候によってツツジの一部が咲いていました。狂い咲と呼ばれる現象ですね。
寒さが入った後に暖かさが来たため、春の訪れと勘違いしたのでしょうか? 
春のツツジを秋に見れるチャンスです。咲いているものは一部に限りますが、見たい方は早めにどうぞ。

常緑だけが咲いているものかと思いきや落葉性のヨドガワツツジも花をつけていました。これには驚きですね。

スズメバチはラストシーズンですね。もう探して出会える時期ではないです。夏にはうっとおしいと感じてしまう彼らもこの時期に出会うと長生きしたものだと思ってしまいます。
次世代の女王は越冬まで活動しているので、もしかしたら大型に出会えるチャンスもあるかもしれませんね。

ヤマノイモが色づいていました。特徴的な細長い葉と運が良ければまだムカゴがついています。いわゆる自然薯なわけですが、木の葉の大きさではどれくらいの地下茎なのでしょうかね。イモ類ということでイノシシなどの食料になっているかもしれません。
落ちたむかごも消えているので、冬を迎える前の食料として誰かの役に立っているようです。

ソヨゴの実です。冬らしい緑と赤色で、これからの季節にぴったりではないでしょうか?♂♀の株が別であるため、この時期は果実の有無で見分けやすいですね。

モミジ以外の紅葉はおおよそ終わりを迎えています。しかし歩いていれば様々な木々の色づきを観察することができます。
イチョウやモミジはまだ時間がかかりそうなので、色づき次第報告していきます。

あいかわ公園の自然情報 11/8

最新自然情報


カラスウリが実を付けていましたこの時期には赤い実に変化しているものが多いのですが、これはまだまだ緑色ですね。
ウリの仲間なので見た目はスイカなどにそっくりです。生の実には有毒成分が含まれており、そのまま食べることはできません。赤い実は食べられていることがありますが、まずいらしく食べかけの場合がほとんどですね。

季節的にも昆虫はカメムシばかりです。ツヤアオカメムシは緑色の艶がある美しいカメムシで、食草にスギやヒノキを利用しています。
それゆえ発生数の多いカメムシです。公園内ではすでに越冬準備をしているのか、隠れられそうな場所に複数匹潜んでいます。写真のものは死んでいました。


道端に生える美味しそうな植物、ヨウシュヤマゴボウです。茎までワイン色で紅葉のように美しいですね。
こちらはぶどう状の実を付けることから誤食事故がある植物です。
見た目が良いからと言って口にしてはいけませんよ。一方でシカやカメムシは気にせずに食べているようです。何の差なんでしょうか。



死後にボーベリア菌にやられたコクワガタがいました。この菌は生きている昆虫に寄生し、高い所で死なせた後に自身の胞子を散布するという中々に怖い菌類なのですが、死後の昆虫にも寄生するのでしょうかね。
それとも木の根元にいたので菌を散布した後に落ちてきたのでしょうか?虫の身になってみると生きたまま蝕まれるというのは恐ろしいですね。


ヤマノイモのむかごです。
自然界では貴重な栄養となりそうなものですが、食べられている場面には出くわしていません。
ヤマノイモは紅葉も美しい植物なので黄色い細長いつるを探してみてください。イモ堀をするときはこの時期に黄色い葉を目印に辺りをつけて掘るんですよね。大変らしいですが楽しそうです。

今週末には寒さが戻り秋の終わりらしい空気が再び楽しめると思います。紅葉もモミジはまだですがぼちぼち始まっていますので、お散歩も楽しめると思いますよ。