あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

あの虫が採れる!? 丹沢の麓に位置する魅力

東丹沢の端に位置するあいかわ公園では、平地では見られない虫たちもたくさん見られます。自然担当の著者も驚きばかりの自然情報をまとめたのが虫の不思議です。記事を見ていたらワクワクしてくること間違いなしです。

山の中で枯れた木が目立ち始めました。 近くの森で茶色っぽい葉を見かけたら要注目。

クヌギやコナラの木が茶色く変色し問題となっています。 あいかわ公園には南山と言う大きな山があり、自然観察林として山の中を歩くことができます。 夏の南山に向かう途中に山を眺めるとなにやら異変を感じます。 真夏に紅葉なんて珍しいなと思った方もいる…

迷彩柄の大きな蛾ウンモンスズメ ♂♀の違いを観察

樹液の木を探していると枝の隅々まで虫を探すため、目的外の虫も良く見つかります。つい最近も葉を流し見していると違和感を覚えたので見直しました。すると迷彩柄のかっこいい蛾がいたのです。 この子は独特の色合いから密かに人気のあるウンモンスズメと言…

大きな緑の幼虫 お尻が針状ならスズメガの仲間かも(クチバスズメ)

夏の広場を歩いていると時折大きな幼虫を目にすることがあります。その仲間をよく見てみるとお尻の部分に特徴があります。 お尻にアンテナを張っているこの幼虫の仲間はスズメガと言う幼虫の仲間です。今の時期に6cm以上の大きな幼虫を見つけたならばだい…

枝?木?虫? 棒にそっくりなナナフシモドキ

夏の虫と言うとやはりクワガタなどの虫が強いのですが、地味に人気のある虫がナナフシです。こちらのブログをご覧の皆様はナナフシをご存じでしょうか?実はナナフシと言う虫はおらず皆様がよく見かける虫はナナフシモドキと言う虫です。 今回は茶色の子がい…

白い模様のある綺麗なカナブン シロテンハナムグリ

カナブンと言えば樹液にやってくるクワガタ探しの外れの定番と言う認識の方も多いことでしょう。しかしこの仲間は綺麗な種類も多く侮れません。たまには樹液にいるカナブンを捕まえてその姿を眺めてみてはいかがでしょうか? 今回捕まえたのは宝石のような鮮…

銀色の巨大な蝶 オオムラサキ

オオムラサキと言えば紫色の翅! 図鑑で見ても紫色が印象に残っているという方は多いかと思います。あまりにも表の翅が特徴すぎるので、止まっているときに見ることができる裏側の翅がどうなっているのかを知らない方は多いのです。 とある木の裏側に広がる…

クルミの木を探してクワガタを探してみよう。

虫の集まる木と言えば甲虫でおなじみのクヌギやコナラと言った木の名前が上がります。しかし、必ずしも山側でなくとも甲虫の仲間と言うのは取れるのです。 あまり馴染みのないものの、甲虫がやってくるクルミの木を見てみましょう。 オニグルミは葉っぱにか…

樹液に集まる昆虫達の観察

今年のあいかわ公園はキクイムシの影響もあってか例年よりもずっと多くの樹液を好む虫たちが見られています。その分昼間の樹液のチャンピオンであるスズメバチもよく飛んでおり、広場の木には注意を払わねばなりません。今日は樹液にやってきている昆虫たち…

茶色い蛾?それとも蝶? じっくり見るととてもかわいいイチモンジセセリ

園内の花壇では非常にかわいらしい蝶が飛び始めました。形が蝶らしくないため、蛾とも間違われてしまいかわいそうに思うのですが、セセリチョウと言う種類の蝶の仲間です。 来ました。このジェット機のような飛ぶのに優れたフォルムと、がっしりと揃えられた…

小さなセミ ニイニイゼミ

夏の今頃にはあまり聞かないようなセミの鳴き声が響き渡ります。 夏本番の時期には数が少なく、むしろ今が旬のセミがいるのです。うるさくないいい声でニィーと鳴くセミはニイニイゼミと言う虫です。 弱りかけのニイニイゼミを偶然見かけました。ニイニイゼ…

アカボシゴマダラ春型と夏型を比べてみよう

樹液の出る木を回っていると度々目にする大型の蝶がいます。 こちらは昨年出会ったボロボロの蝶なのですが、アカボシゴマダラと言う蝶です。この蝶は名前の通り翅の後ろに赤い模様があります。アカボシと言う名はぴったりだと思いますが、これは暑い夏の時期…

黒い体に赤と黄色の目玉模様がある幼虫 セスジスズメ 

夏と言えばどんな虫が思い浮かぶでしょうか? 鎧のような姿のカブトクワガタや華麗に宙を飛ぶトンボなど色々思い浮かびますよね。この虫がいると夏が来たなぁという虫。 鮮やかで何となく夏らしいと思う幼虫がいます。 それが黒い巨大な幼虫セスジスズメです…

ウサギのようで可愛いマイマイガ

4月~6月頃にかけて頻繁に目にすることがある毒々しい幼虫がいます。マイマイガと言う蛾なのですが、なかなかに不憫な蛾です。 小さい幼虫の時には色が目立ちます。 大きい幼虫になると7cm程もあるためひたすらに不快な印象を受けてしまうことも多い種類…

園内でミヤマクワガタを発見しました!

今年の梅雨は涼しい印象を受けます。雨や涼しい気温は甲虫たちの活動が鈍りますが、中にはそういった気温を好む子もいます。園内では非常に貴重なミヤマクワガタに早くも遭遇することができました! 小型のミヤマクワガタなのですが、ミヤマはミヤマです。こ…

水玉模様の茶色いカミキリ シラホシカミキリ

小型のカミキリムシは狙って遭遇することがなかなかに難しく、いかに自然の中を歩いて遭遇する確率をあげられるかという勝負になりがちです。その分まだ実物を見たことがないような種類に出会えると、お宝を見つけてしまったかのような嬉しさがあります。今…

目玉の並びが違う? 模様と白線が重要な蝶 コジャノメ

園内では色々な蝶を見ることができるのですが、蝶を見ることができるのは日当たりの良い所だけではありません。薄暗い所を好む蝶もいるのです。そんな蝶の仲間には大きな目玉模様が付いているものがいます。 翅の後ろ側に大きく目立つ目玉模様が二つと小さな…

黒と白のカミキリ ゴマダラカミキリ

カミキリムシの仲間は色々な場所で見ることができます。この仲間は小さいものから大きいものまで種類が盛りだくさんなのですが、最もよく目にする種類と言えば今回紹介するゴマダラカミキリでしょう。 これぞカミキリムシと言う感じの姿です。ゴマダラカミキ…

蛾は気持ち悪い? 大きな長い足を持つ蛾 キマダラコウモリ

蛾の姿を想像してみてくださいと言われたら皆様はどのような蛾を想像するでしょうか?恐らく翅を広げて張り付いている姿が目に浮かぶかと思います。 蛾や蝶と言えば翅に目が行きますよね。しかし園内の壁にやってきていたその蛾は、足が目立つ蛾なのです。 …

5本の角を持つ小型カブトムシ!?  ゴホンダイコクコガネ

丹沢に近いあいかわ公園では平地ではあまり見られない動物との関連が深い昆虫が見られます。外国産のカブトムシを超小型にしたようなかっこいい甲虫が見つかることがあるのです。 こちらが長い角を1本、短いトリケラトプスのような角が4本で計5本の角を持つ…

樹液の王者 カブトムシ出現!

夏と言えば虫取り、夏の虫と言えばカブトムシ!という印象の方も多いでしょう。真夏に探すカブトムシは暑さと言う苦労も相まって、見つけた時にはかなりの嬉しさがあるはずです。そんな樹液の王者カブトムシも6月には出ているんです。知っていましたか? か…

真っ赤な色と黒い点のカミキリ ホシベニカミキリ

園内では竹が好きな赤いカミキリが見られることを以前紹介しました。 aikawa-park.hatenablog.com 見た目の派手さと取りやすさから、地味に人気があるようです。 今日も足元に赤いカミキリを発見しました!可愛いベニカミキリ と...おや? なにやら違和感が…

黄色や黒のトラカミキリの仲間たち

つい最近まで園内ではクリの花が咲いていました。花の密度が高い場所では度々紹介しているお花が好きなカミキリを見ることができます。 クリの花は蝶や甲虫にも大人気なのです。下に網を引いてポンっと叩いてあげると、虫網の中に色々な虫が入ります。ここで…

ミカンに来ないアゲハチョウ? 黒と青のアオスジアゲハ

ミカンが好きなアゲハの仲間が多いけれど... 多くの身近なアゲハはミカンの木が好きです。しかし、身近に見られながらも他の木が好きなアゲハがいるのです! それが今回のアオスジアゲハです。 しかし、香りのいい木が好きなのは変わらず、クスノキと言うス…

黄色い模様に白い点 モンキチョウ

「黄色い蝶の名前を教えてください。」と尋ねれば多くの人がモンキチョウと答えます。身近な黄色い蝶には実は2種類があり、1種がモンキチョウ。そしてもう1種はキチョウと言う名前で呼ばれています。意外とこの2種を勘違いしている方がいるので、改めて2種の…

真っ白な翅のシジミチョウ ルリシジミ?ヤマトシジミ?

園内では小さな蝶ことシジミチョウの仲間が多数見られます。平地であればヤマトシジミがもっとも馴染みのあるシジミチョウかと思いますが、山側のあいかわ公園ではルリシジミと言う美しい白い蝶がよく見られます。 この写真を見ても普段見ているシジミチョウ…

ミスジチョウとコミスジ 白い線を持つ蝶の違いとは?

初夏の園内では様々な蝶たちが飛び交っています。 蝶の飛び方には個性があり、中でもミスジチョウの仲間たちはふわりふわりと優雅に舞います。そんな蝶はいったいどんな姿をしているのでしょうか? こちらがミスジチョウと言う種類です。茶色い翅に入る3本の…

白と緑のシジミチョウ オオミドリシジミ

初夏になると現れる蝶がいます。それはシジミチョウの仲間なのですが、草地をふわふわ飛んでいるシジミとは違い、木の上にテリトリーを張るという面白い性質を持ちます。こうした性質を持つシジミチョウはゼフィルスと呼ばれ、その美しさから非常に人気の高…

イチモンジチョウとアサマイチモンジ 茶色い蝶の違いとは?

石小屋ダムの開けた斜面では白い花が勢い良く咲いており、ここで待機しているだけで蝶がやってくるという蝶好きにはたまらないオアシスとなっています。やってきた茶色っぽい蝶を捕まえてみると、ちょうど捕まえたいと思っていた子を捕まえることができまし…

青に輝く小型カミキリ フタコブルリハナカミキリ

この時期に花を咲かせているヤマボウシやウツギと言った白い花の付近ではたくさんの虫が飛んでいます。小型のハナムグリの仲間が多いのですが、よく探してみると面白い虫が潜んでいたりするのです。 青く細長い体が特徴的なフタコブルリハナカミキリと言うカ…

樹液にやってくる茶色い蝶 サトキマダラヒカゲ

晴れ間の広がる日中では蝶が賑やかに飛び始め、園内の広場でもとても目立っています。蝶と言えば皆様はどんな色をイメージするでしょうか? 白色のモンシロチョウに真っ黄色のモンキチョウは色の代表と言えます。しかし、これからの季節によく目にするこの蝶…