あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

あの虫が採れる!? 丹沢の麓に位置する魅力

東丹沢の端に位置するあいかわ公園では、平地では見られない虫たちもたくさん見られます。自然担当の著者も驚きばかりの自然情報をまとめたのが虫の不思議です。記事を見ていたらワクワクしてくること間違いなしです。

姿はまるで飛行機のよう  ブドウスズメの仲間

朝のパークセンター前は、夜間に電気が付いているため蛾の宝庫です。 今朝は面白いお客さんがやってきたようですよ。飛行機のような姿をしたスズメガの仲間です。 大きな両翼を持ち体の部分は細長い。本当に飛行機のような姿をしていますね。体の色合いから…

体の8倍近い産卵管を持つ希少な蜂 ウマノオバチ

蜂と言えば針を使って敵を攻撃するという印象があると思います。この針は産卵管が変化したものなので実は蜂の中で針を持つものは♀しかいません。スズメバチやアシナガバチのように攻撃のための針を持つ印象が強いと思いますが、中には産卵に利用するために驚…

青と緑に輝く蝶 カラスアゲハ

アゲハチョウの仲間と言えば黄色や黒の美しい蝶ですよね。大型の蝶の中でも目にしやすい種類なので、子供からの人気も高い種類です。ところでアゲハチョウの黒色の種類を捕まえたことはあるでしょうか? 黒色のアゲハチョウの中には とんでもなく綺麗な翅を…

白い3本の線を持つ蝶 コミスジ

蝶と聞かれてパッと思いつく姿にはどんな色や模様があるでしょうか? 白い蝶や小さなシジミチョウ、黄色や黒のアゲハを思い浮かべる方も多いかと思われます。 多くの方が蝶を色でイメージしたかと思いますが、蝶の中には模様にかなり特徴がある種類もいます…

オレンジと黒の毛虫に注意 ドクガ科の幼虫

触れても大丈夫な毛虫をよく紹介していますね。 毛虫の仲間で毒がある種類と言うのは全体で見るとかなり少なく、実際は毒があるように見えるだけなのですが、はっきりと毒があると分かる種類たちがあります。それがドクガ科の仲間たちです。毒と名前に入って…

赤い輝きを放つオオセンチコガネの不思議

赤い輝きを放つ甲虫が園内を飛んでいます。 飛んでいる姿は赤や緑を混ぜたようなグラデーションで、街中で見かけることはあまりない不思議な昆虫です。 その名はオオセンチコガネ。とある理由から山側や牧場などの生き物がいる場所でないと見つけることがで…

毛虫の大渋滞 キアシドクガの大量発生

4月下旬ごろから見られる自然の大イベントの時期です。 食草のミズキが見られる場所ではキアシドクガが見られるのですが、運がいいと大量に集まっている様子を見ることができます。 毛虫嫌いには恐怖でしかありませんが、この時期ならではのビッグイベントで…

毒を持つ幼虫 黒と赤い点のヨツボシホソバ

毛虫がたくさん見られる時期ですね。 園内では毒を持つ毛虫も現れ始めています。ヨツボシホソバと言う毛虫で毒がありそうな見た目をしていますね。こちらは本当に毒を持っている種類です。 正直毛虫の毒がありそうなさそうはあまり参考にはならないと思いま…

とても綺麗な色合いのスミナガシ 春型

パークセンターの中に思わぬお客様がやってきました。 床でぼーっとしているその子は夏にたまに見かけることがあるスミナガシの春型だったのです! こんな時期にいるとは驚きました。 スミナガシの春型は夏型と比べると2周りほど小さいとても可愛らしいサイ…

翅先が黄色い白い蝶 ツマキチョウ

あいかわ公園内では先日のウスバシロチョウを始め白い蝶がひらひらと飛んでいます。 白い蝶は比較的長くみられる印象があるかと思いますが、中には季節が限られているものもいます。 飛んでいるときにはモンシロチョウに見える蝶 本当にモンシロチョウでしょ…

透けるような翅を持つウスバシロチョウ

白い蝶と言えばだれもが知っているモンシロチョウがいますよね。しかしアゲハチョウの仲間に真っ白なものがいると聞かれるとどうでしょうか? その姿を知っている人は少ないのではないかと思います。その蝶こそタイトルにあるウスバシロチョウと言う蝶です。…

ドクガと付くが毒はない? 黄色と黒の毛虫キアシドクガ

4月下旬となると毎年あの幼虫がたくさん発生する時期です。 黒色の体に細長い毛を持ち、縦ラインに黄色とも金色ともいえるような模様を持つ幼虫、キアシドクガです! この写真を見て多くの方が「こいつか!」と思っているのではないかと思います。今の時期に…

シャクトリムシのくねくねした動きの秘密とは?

幼虫シーズンが始まり、園内ではあらゆるところに小さな幼虫が現れています。幼虫の中でもシャクトリムシはかなり馴染みのある幼虫ではないでしょうか? ところでシャクトリムシのあのくねくねした動きはなぜあの動きができるのか不思議だと考えたことはあり…

キアゲハとナミアゲハ、似たアゲハの違いはどこ?

花の斜面のツツジを見ながらまだ出会えていない種類の蝶を探しているのですが、よく出会う種類はだいたいであってしまいなかなか普段見ぬ種類には会えません。 花の斜面の先にある風の丘付近では、こういった環境が好きなアゲハの仲間がツツジのお花にやって…

お花とミツバチ

花の斜面ではツツジが賑わいを見せています。園内を歩きながらツツジを眺めていると驚くほど大きなブーンと言う羽音が左右両方から聞こえるかと思います。 この羽音の正体は誰なのでしょうか? 音を見つけたらその音の方向を探してみましょう! どうやらその…

首が長いチョッキリに遭遇!

昼間は初夏とも思えるような温かさで、虫たちもなんだかうれしそうに見えるこの頃です。 園内ではパークセンター前にカリンと言うバラ科の植物が植えてあるのですが、今その花が咲いています。 秋ごろに大きな丸い実をつける植物なのですが、花は4月頃に咲く…

飛び出してきたルリタテハ

花の斜面を歩いていた時のことです。園内でわずかながら発見されているトラフシジミと言う蝶を探していたのですが、難航しています。 探しつつ歩いていると大型の蝶が飛び出してきました。その正体はいったい? そこには大けがをしたルリタテハがいました。…

ヒオドシチョウと日向ぼっこ

春の蝶を探して園内を歩いていると、嬉しいことに多数の蝶に遭遇出来ます。 出会う蝶には性格があると感じており、人の気配に敏感なのは枯葉にそっくりなタテハチョウの仲間に多い印象です。 中でもヒオドシチョウは出会えても近づけない蝶の筆頭でした。 し…

ナナフシの子どもはどんな姿?

石小屋ダムの方面には度々蝶の様子を見に行ったり、グミの実の様子を見に行ったりしているのですが、いつもと違うルートも探索してみることにしました。そこでウツギの仲間らしきものが花を咲かせているのを発見したのです。 ウツギの仲間は蝶がたくさんやっ…

スギタニルリシジミと吸水

あまり馴染みがないかもしれませんが、蝶類にはある程度好む環境があり、それを知っていると種類の特定がしやすくなるものがいます。 以前に紹介した早春の蝶ことスギタニルリシジミがいました。あれも水を飲むことが有名な蝶なので、そういう環境にいるのを…

可愛らしい蛾は、ヒロバトガリエダシャク?

12月~2月にかけてフユシャクと言う冬に現れる蛾を探していました。見られる種類がどんどんと移り変わっていく面白かったのですが、彼らの時期もおしまいです。それと移り変わるように可愛らしい蛾たちが見られるようになりました。 恐らくヒロバトガリエダ…

ベニシジミ 春型

花が賑やかになってきた園内では、それらの花にやってくる蝶たちも賑わいを見せ始めています。コツバメやスギタニルリシジミなどの時期の限られた種類に注目ばかりしていたのですが、長い期間見られる蝶であってもこの季節ならではの楽しみと言うものがあり…

スギタニルリシジミとルリシジミ

早春に現れる蝶として最近コツバメを紹介しました。コツバメが出始めたということは続いて蝶たちが出始めます。私が見つけたかった蝶の1種であるスギタニルリシジミと思われる蝶が出たので紹介していこうと思います。 そもそもシジミチョウにそんな種類がい…

待望のコツバメが現れました!

3月の上旬もあっという間に終わり、すっかり暖かい陽気が続いていますね。 いよいよ待ち望んでいた季節がやってきました。 昨年の秋ごろから蝶々にだいぶ夢中になってしまい、早春に現れる蝶を密かに楽しみにしていたのです。 早春に現れるコツバメと言う蝶…

ハナアブの食事に遭遇 ツツジのおしべに隠された秘密とは?

園内で見かける花には、大型の虫が見られることがあります。ハエやハチなどはよく来ますが、中にはお花に集まるハナアブの仲間たちも紛れているようです。 ゆっくり近づいてみるとどうやら食事をしている様子ですね。 ちなみにハナアブと言うのはこういう虫…

テントウムシの不思議な習性とは?

昼間の日差しの中にいると、風は冷たいものの気分はすっかり春ですね。 私が日差しを感じながら植物達を探していると、同じくその日差しを浴びて元気に動く虫に遭遇しました。 意外と動くスピードが速いこの虫は、子供たちにも大人気のナナホシテントウです…

お鼻が長いテングチョウ

ここ最近は春と言うより初夏?と呼んでもいいくらいの暖かい陽気が続きましたね。 冬場を成虫のままで過ごす蝶たちは、ポカポカ陽気の中、この瞬間を待っていましたと言わんばかりに飛んでいましたよ。 その中でも目立ったのは鼻が長いテングチョウと言う蝶…

横幅のあるフユシャクの時期

11月終わりごろから見られ始めたフユシャクの仲間たちですが、1月ぐらいにかけては縦に長いタイプの種類がよく見られました。春手前頃になってくると、別の種類が現れ始めます。縦ではなく、横に広い種類がよく見られるようになるのです。 蛾の中には姿が似…

陸でアメンボに遭遇

アメンボと言えばだれもが知っている水の上にいる昆虫ですよね。公園のじゃぶじゃぶ池には夏場などはたくさんのアメンボがやってきます。今の季節でも沢沿いなどの場所にはいるらしく、一度見かけたことがあります。今回は何と、よくわからないのですが陸地…

寒さと戦う生き物

1月に入ってから寒さも本格的なものになってきていますね。毎年これくらいの時期になると寒さに耐えている虫たちを見てガンバレーと応援したくなってしまいます。あいかわ公園の事務所付近にも1匹の大きなクモが巣を張っていたのを片目で見ていました。 ある…