あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

意外と魅力の多い種

10cm以上になるヤママユの仲間や冬にしか現れないフユシャクなどユニークな種類が多いです。毛嫌いせずに関わってみることをお勧めします。

横幅のあるフユシャクの時期

11月終わりごろから見られ始めたフユシャクの仲間たちですが、1月ぐらいにかけては縦に長いタイプの種類がよく見られました。春手前頃になってくると、別の種類が現れ始めます。縦ではなく、横に広い種類がよく見られるようになるのです。 蛾の中には姿が似…

フユシャクの♀探しに挑戦 その2

昨日は樹皮を見ながら小さなフユシャクの♀を探していました。見つけたのはヤママユと思われるものの卵だけでしたね。 よくわからない蛾と思われるものの繭も発見しました。すごい擬態ですね。写真を見ても分からない方がいらっしゃるかもしれません。蛾など…

フユシャクの♀探しに挑戦

とても寒い1月でも密かに生きている生き物たちがいます。中でもフユシャクの仲間はこの時期にしか見ることができない種類なのでとても貴重です。フユシャクの仲間は♀にとても変わった特徴が見られましたね。 aikawa-park.hatenablog.com 画像の物は♂です。上…

冬に現れる面白い蛾

真冬になると虫も植物も見られない! そんな風に思われがちですが、この冬だからこそ見られる面白い虫と言うものもいます。それが今回紹介するフユシャクの仲間です。この仲間は11月下旬頃~2月頃までと真冬の期間だけ見ることができるのです。 ちなみにフユ…

個性あふれるヤママユガの仲間たち

あいかわ公園では今年も数種類のヤママユガの仲間を見ることができました。秋の初めころからこちらのブログを見て下さっている方にはもう見知った顔になったかもしれませんね。蛾と言うのは一般的にはかなり渋い顔をされてしまいがちな虫です。その中でも今…

冬の訪れを教えてくれる蛾 その2

明日の自然観察ガイドはお休みします。 先日はウスタビガの♂を紹介しました。冬の始まりに現れる蛾でぬいぐるみのような可愛らしさを持つ癒しの蛾です。 今日は♀の方を見てみましょう。実は♂を見つけた日に♀が落ちていたのです。かなり弱った雰囲気でした。 …

冬の訪れを教えてくれる蛾 その1

ヤママユの仲間で最も遅く姿を現す可愛い蛾が出ました。 運が必要なのはもちろんなのですが、外灯の付近を朝一に見に来ると、普通の蛾よりも大きめなあの蛾に遭遇しました。 夏からヤママユ、クスサン、ヒメヤママユとヤママユの仲間を紹介してきましたが、…

外灯によく来ている蛾

晩秋から冬にかけての宝の宝庫であるパークセンターの壁ですが、1年でこの秋にだけ発生するという蛾が良く集まっているようです。私も非常に気になっていた種類だったのですっきりしました。 大きさと雰囲気からシャクトリムシの仲間であろと想定し、探して…

外灯探しのすすめ

15日 日曜日の自然観察ガイドはお休みします 10月25日の記事で紹介した大型の蛾ですが、調べたところヒメヤママユではなくクスサンであることが判明しました。 aikawa-park.hatenablog.com そして最近になってようやくヒメヤママユを捕まえることができたの…

オオミズアオの幼虫

じゃぶじゃぶ池の付近には桜の木があるのですが、その葉の真下を見てみると大きなイモムシが落ちていました。もう既に元気はなく、アリなどに襲われてしまえば死んでしまうと思われる雰囲気でしたが、その幼虫がオオミズアオと言う大型の蛾の仲間だったので…

秋に出る蛾

本日の自然観察ガイドはお休みとなります。 2021 1/6追記 こちらの蛾はヒメヤママユではなくクスサンと言う蛾です。同じヤママユの仲間ではありますが、種類が違いました。 aikawa-park.hatenablog.com ヒメヤママユは上の記事の物になります。 記事は記録と…

ハチドリのような蛾

パークセンター前の花壇をちらちらと見ながら歩いていると私の真横をとてつもないスピードで通り過ぎ、そのまま花の蜜を飲み始めた虫がいました。探しているとなかなか見つけられないハチドリのような形をした虫は捕まえようとするとなかなかに難しいのです…

ヤマノイモを食べる幼虫

夏の猛暑を乗り切り、今日もあいかわ公園を歩きながら園内の草木を眺めていると、ふと葉っぱとは異なる鮮やかな緑色が目に入りました。それは巨大なイモムシで、私も好きなスズメガの幼虫でした。せっかくなので触れあってみることにします。 蛾の幼虫は、食…

真似っこ上手な虫

蝶?蛾?見た目は蝶のように見えても実際は蛾かもしれません。蝶の真似をしている不思議な虫を見てみましょう。

セスジスズメの顔はどこ?

黒い体に黄色やオレンジの模様が入るセスジスズメの幼虫は道端などでも見かけることの多い幼虫です。その大きな体にはどんな不思議があるのでしょうか?

ヤママユガの魅力に迫る

大きな蛾の仲間を見つけたならばそれはヤママユガの仲間です。夏に見られる大きな蛾は黄色い綺麗な色合いをしており、触れ合ってみると魅了されてしまいます。

シャチホコガの幼虫

奇妙な形をした幼虫シャチホコガはとてもユニークなイモムシです。一体どんな特徴があるのでしょうか?

大きくなった蛾

本日も蛾の幼虫の記事になります。以前紹介したマイマイガが非常に大きな幼虫となり、ふれあい広場の木で見られます。こんな模様の大きな幼虫を見つけた方は結構多いのではないでしょうか? 点の模様が上から三つ、四つ位まで青続いてあとは赤色が続いていれ…

虫も暑いようです

日差しが鋭く痛い季節になりました。公園内を歩いているとどうやら暑がっているのは私だけではないようです。 蛾が地面を歩いていました。日影に行きたいようです。ちょうど私はのどが渇いていたので飲み物を飲んでいたのですが、この蛾がふらふらと歩いてい…

蛾の幼虫の奇妙な模様

あいかわ公園のふれあい広場の木をよく見ていくと、運が良ければ大きな緑色の綺麗な幼虫に遭遇することがあります。 このように大きいものだと5~6cm位はある巨大なイモムシです。この子は日本一大きな蛾たちが所属するヤヤマユガの仲間のウスタビガとい…

面白い毛虫

これまでにも毛虫は何匹か登場していますが、今日は個性の強い毛虫の紹介です。久々にダムの方面へ植物を探しに散策しました。 すると目についたのはとても大きな幼虫です。 6~7cm位はあるでしょうか。今年遭遇した中では一番大きい幼虫です。緑と黒の…

ひらひら舞う白い蛾

5月中頃から外を見ているとなにやら白い蝶のようなものが飛んでいることに気が付くと思います。ちょうど今の季節には毎年目立つ蛾なのですがよーく見てあげるととてもかわいい見た目をしています。 このように真っ白な体と黄色い足を持っています。苦手意識…

毛虫クイズ

毛虫やシャクトリムシなど様々な幼虫が出てきています。以前の記事でも紹介しましたが毛虫の多くには実は毒がありません。今日は毒のある毛虫クイズに挑戦してみましょう。皆様はどの毛虫に触りたいですか?(笑) 3択で行きましょう。 エントリーナンバー一…

コケを食べる蛾

恒例のあいかわ公園の壁に集まる虫を紹介する記事です。 今日は輝かしい来訪が見られました。色合いが存在感を放っています。 おそらくスジベニコケガというヒトリガの仲間だと思われます。 名前の通りよく見ると紅色の筋が体中のいたるところに入っています…

毛虫には毒がある?

毎年5月頃になるとあいかわ公園の桜の木には綺麗な色合いの毛虫が現れます。 明らかに長くて刺さりそうな毛とどう見ても毒を持っているアピールをしているオレンジで目立つ色合いのため、皆様が触れたくない100点満点の毛虫といえるかもしれません。 そもそ…

ドクガが出始めました

今年に入ってから蛾に結構興味がわいているのですが、さすがに触れない種類もいます。それがこの子たち 羽に付いた点模様からゴマフリドクガであろうと判断しました。皆様も小さめで、頭部に毛があり、横から見た時に背中の方へトゲのような毛が生えている蛾…

面白い形の蛾

寒い季節に終わりをつげたため、あいかわ公園の壁を訪れる蛾の数も減りました。それでも見ているとやはり数匹止まっているようなことがあります。この前は変わった形の蛾を発見しました。 このような体高のある蛾はシャチホコ蛾の仲間であることが多いです。…

春の代表的な蛾

春といえば虫の季節なのですが、いよいよ大型の蛾がでてきました。 桜の木などで見られるトビモンオオエダシャクという大型の蛾です。この蛾の幼虫は7cm近くの非常に大きなシャクトリムシなのですが、恐らく皆様はそんなに大きなシャクトリムシは見かけた…

壁で虫取り

暖かい陽気が続いて虫取りをしたくなってきた方もいるのではないでしょうか?そんな皆様におすすめの虫探しの方法が壁を探すことです。 あいかわ公園のパークセンターには虫たちにとっていい感じの壁があります。じっくり探してみましょう。 今の季節にあい…

木にくっついているもの

冬場は木々が付ける葉っぱの多くが落ちており、あいかわ公園ふれあい広場の木もスケスケの寂しい色合いをしています。ところが、冬だからこそ見つけることのできる緑色があります。それが蛾の繭です。見た目は巾着のようふれあい広場の桜が植えられている付…