あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

260種ほどの花が見られる素敵な公園(南山を除く)

園内にはブログで紹介しきれないほどの植物があります。下部にリンクされた図鑑で種類を調べ、散歩するだけでも楽しめます。季節やおススメの物など詳しい種類も聞きたい方はお気軽に自然観察担当スタッフまでどうぞ

あいかわ公園のスギ花粉

この時期のあいかわ公園はスギとヒノキの花粉が非常に多く舞う時期です。しかし花粉を観察しやすいという点では利用する価値もあると言えます。

1月の代表的な黄色い花、ロウバイが咲き始めています

透き通るような美しい黄色の花をつけるソシンロウバイは甘い香りと綺麗な花の2つの面から観察を楽しむことができる植物です。

冬の自然散策を楽しむコツ 一歩地面に近づいてみよう

植物も昆虫も元気がないように見える冬の自然ですが、一歩目線を下げて覗いてみると生き生きとした植物の姿を見ることができます。

スイセンの花はどこ? ガクと花弁の不思議 

冬の代表的な植物スイセンを例に植物の花のつくりを見ていきましょう。

とげとげの姿が目立つ植物 日当たりのいい場所に生えるタラノキと日陰を好むハリギリ

とげとげが目立つ植物のタラノキは、山菜でも非常に有名な植物です。彼らは好む環境があり、それを知っているかどうかで見つけられる可能性が大きく変わります。

秋の終わりにどんぐりさがし。帽子に横線が入るアラカシ

どんぐりは子供たちに大人気の自然のアイテムです。冬の始まりではありますがまだまだどんぐり採集を楽しむことができます。

続・あいかわ公園の紅葉情報2021 

11/24日見ごろ情報を追加

道端や畑にもある黒い実をつける植物 白い花が目立つイヌホオズキの仲間

この時期に花を咲かせているイヌホオズキの仲間がいます。有毒植物の多いナス科の中でもとても身近な種類のため、覚えておくと役に立つかもしれません。

服やズボンにくっつく種たち 懐かしい引っ付き虫の草花遊びと外来植物

服につけて遊んだ引っ付き虫の仲間も知らず知らずのうちに姿を消し、外来種の引っ付き虫が今では主に見られます。しかしくっつき虫であることには変わらないので楽しく遊べます。

秋にこぶ状の不思議な茶色い実が落ちていたら...食用にもなるケンポナシ!

奇妙なコブ状の木の実をつけるケンポナシと言う植物があります。 好奇心からコブを割ってみるといい香りが楽しめます。味も確かめておきましょう。

秋に咲いている黄色いタンポポのようなお花。タンポポではなくヤクシソウかも

秋咲きの美しいタンポポ と思いきやその正体は同じキク科のヤクシソウと言う植物です。似たタンポポの仲間たちとその姿を比較してみましょう。

色々な落葉の形を見比べてみよう

秋の落葉は植物の葉の形を眺めるのに最高のアイテムです。個性あふれる様々な葉っぱたちを見比べてみましょう。

ユズの爽やかな香りと木の実を利用する野生動物の不思議

甘酸っぱい香りが大人気のユズの実がなりました。冬に実をつける様々な実は冬の動物たちの貴重な食糧となります。

秋の果実たち

冬場に熟した実をつける植物 秋以降と言うのは自然界では葉も虫も数が減り、食べるものがなくなってくる厳しい季節です。しかしこの時期に実をつけることで植物は効率的に種を鳥などの生き物に運んでもらうことができるのです。 この時期に実をつける有名な…

あいかわ公園の紅葉情報 2021秋

園内の様々な木々が複雑な色へと変化しています。まだまだ色が変わり始めたばかりの物が多いですが、見ごろを迎えているものもいます。

秋と言えば栗は欠かせません。トゲトゲの栗とそれを狙う動物たち。

甘くおいしいクリは動物たちにもご馳走です。美味しいクリの実を得るためには人間と野生動物の知恵比べが必要です。夜行性の動物に勝つための知恵とはいったい?

種と言えばどんぐり? 様々な植物の種を見比べてみよう

植物の種の形知っていますか? 夏の終わりごろから秋にかけてはたくさんの植物が種をつける時期です。名前が分からなくともユニークな形の種をつける植物は多いので、集めてみてはいかがでしょうか?まずはおなじみのあの植物です。 やはり種と言えばこれは…

昆虫達にも大人気の赤くて目立つ実ヤマボウシ その味は甘いのか渋いのか!?

赤くて美味しそうなあの実は食べられるの? 8月下旬ころから9月頃にかけて美味しそうな赤い実が目立ち始めます。街路樹にも多いので街中でも目にする機会があるはずです。 こちらが鳥や動物たちにも大人気の実 ヤマボウシです。緑色の中に浮かぶ赤色と言うの…

もうすぐハギなどマメ科の仲間たちが見られる季節です。

秋の七草でもおなじみのハギたち ハギを含め、多くのマメ科の仲間たちが見られるようになるのが夏の終わりごろから秋です。あいかわ公園でも何種類かのマメの仲間が賑わいを見せる時期ですが、山野草の存在は地味なためあまり見向きされていません。足元には…

美味しそうな桃色の実と赤い種を持つ コブシ

植物の実には個性が現れます。今は赤い不思議な実が目立ちます。 園内散策路を歩いていると緑の植物の中にぼこぼことしたいびつな形の実をつける植物が目立ちます。 形は悪いのですがとても美味しそうな色合いで、夏の暑い中見かけるとかじりたくなってしま…

植物を覆う大きなつる植物 クズ

食材として食べたことがあってもどんな植物か知らない植物と言うのは意外と多いものです。夏場に食べる和菓子の中に葛切りと言うお菓子がありますが、あの原料となっている植物が身の回りに生えていることを知ってしますか? こちらがところてんのようなお菓…

ピンク色のキキョウ ホタルブクロ

5月も下旬に入り始めると、あのかわいい花の季節がやってきます。 丸で紙風船のような可愛い姿をしたホタルブクロと言う花です。 どうでしょうか? 質感が紙のようで、なかなか美しいお花ではないでしょうか? 園芸用としても売られている植物なので人気のあ…

紫色のとげとげした花 ノアザミ

春に自然の中の日当たりのいい場所を歩いていると、一風変わった紫色の大きな花を目にすることがあります。 海岸に張り付いているフジツボのようなものを連想させるこのお花はアザミと言う植物の仲間で、タンポポなどと同じキクの仲間です。左に映る蕾状態の…

姿はまるで黄色いフジ? ジャケツイバラ

5月辺りの自然で目につきやすいお花と言えばフジの仲間が綺麗で分かりやすいでしょう。しかしここ宮ヶ瀬のエリアでは紫ではなく 黄色いフジのような花が目立ちます。黄色いフジも綺麗だなと思えるその植物は、実はジャケツイバラと言う別の植物なのです。 幸…

自ら栄養を作らない植物 ヤセウツボ

石小屋ダムの方面では開けた芝生的環境があり、そこには変わった植物が見られます。 植物と言えば皆様はどんな色をイメージするでしょうか? 葉の緑、花の様々な色などありますよね。 しかし、全身真っ白な植物は見たことがありますか? そんな植物があると…

小さな引っ付き虫 ヤブジラミの仲間

引っ付き虫と言えば秋ごろにとげとげの実を投げ合って服に付けあった思い出をお持ちの方も多いことでしょう。小さな針のような姿を持つのですが、先端に返しがあるので、服の繊維などに張り付くんですよね。 実は同じような種が春に見られるんですよ。ヤブジ…

葉っぱのような実をつけるイヌシデ

種と言えばどんなものをイメージするでしょうか? ブドウのように大きくて丸いものもあればタンポポの綿毛のようにフワフワしたものもありますよね。 しかし植物の中には一見すると種には見えないようなものをつける種類がいます。 それがイヌシデの種です。…

名前は有名? 白くもこもこなナナカマドの花

森のわたり橋付近では園内唯一のナナカマドの仲間が見られます。ナナカマドの文字は見たことのある方も多いかと思いますが葉や花の話となるとどんな植物なのか分からない方も多いことでしょう。この植物は特徴だらけなので分かりやすいですよ。 見ての通りブ…

黄色いおかしな物体 ヤシ科のシュロの花

園内では不思議な花が咲いています。黄色い絵の具がだらりと垂れているような不気味な花が咲いているのです。 驚くべきことにこれが花なのです。花びららしいものもなく、知らなければこれが花だとは思えませんよね。しかし見慣れていない花なのも当然なので…

カラスノエンドウとアリの不思議な関係

身近な雑草たちがたくさん見られて幸せな時期となりましたね。 皆様の近くの草原などを覗いてみるとこんな植物があると思います。 まるで旗のような姿をした変な形のお花 カラスノエンドウです。身近な植物なのですがそれだけに目を向けられることも少ない植…