あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

密かに人気のある蝶々採り

山側に位置するあいかわ公園では多数の蝶類を捕まえることができます。宝石のようなシジミチョウ類から減少気味のタテハチョウなど、情報をパークセンターに張り出しているのでそれらを活用して捕獲にちょうせんしてみてくださいね。

銀色の巨大な蝶 オオムラサキ

オオムラサキと言えば紫色の翅! 図鑑で見ても紫色が印象に残っているという方は多いかと思います。あまりにも表の翅が特徴すぎるので、止まっているときに見ることができる裏側の翅がどうなっているのかを知らない方は多いのです。 とある木の裏側に広がる…

茶色い蛾?それとも蝶? じっくり見るととてもかわいいイチモンジセセリ

園内の花壇では非常にかわいらしい蝶が飛び始めました。形が蝶らしくないため、蛾とも間違われてしまいかわいそうに思うのですが、セセリチョウと言う種類の蝶の仲間です。 来ました。このジェット機のような飛ぶのに優れたフォルムと、がっしりと揃えられた…

アカボシゴマダラ春型と夏型を比べてみよう

樹液の出る木を回っていると度々目にする大型の蝶がいます。 こちらは昨年出会ったボロボロの蝶なのですが、アカボシゴマダラと言う蝶です。この蝶は名前の通り翅の後ろに赤い模様があります。アカボシと言う名はぴったりだと思いますが、これは暑い夏の時期…

目玉の並びが違う? 模様と白線が重要な蝶 コジャノメ

園内では色々な蝶を見ることができるのですが、蝶を見ることができるのは日当たりの良い所だけではありません。薄暗い所を好む蝶もいるのです。そんな蝶の仲間には大きな目玉模様が付いているものがいます。 翅の後ろ側に大きく目立つ目玉模様が二つと小さな…

ミカンに来ないアゲハチョウ? 黒と青のアオスジアゲハ

ミカンが好きなアゲハの仲間が多いけれど... 多くの身近なアゲハはミカンの木が好きです。しかし、身近に見られながらも他の木が好きなアゲハがいるのです! それが今回のアオスジアゲハです。 しかし、香りのいい木が好きなのは変わらず、クスノキと言うス…

黄色い模様に白い点 モンキチョウ

「黄色い蝶の名前を教えてください。」と尋ねれば多くの人がモンキチョウと答えます。身近な黄色い蝶には実は2種類があり、1種がモンキチョウ。そしてもう1種はキチョウと言う名前で呼ばれています。意外とこの2種を勘違いしている方がいるので、改めて2種の…

真っ白な翅のシジミチョウ ルリシジミ?ヤマトシジミ?

園内では小さな蝶ことシジミチョウの仲間が多数見られます。平地であればヤマトシジミがもっとも馴染みのあるシジミチョウかと思いますが、山側のあいかわ公園ではルリシジミと言う美しい白い蝶がよく見られます。 この写真を見ても普段見ているシジミチョウ…

ミスジチョウとコミスジ 白い線を持つ蝶の違いとは?

初夏の園内では様々な蝶たちが飛び交っています。 蝶の飛び方には個性があり、中でもミスジチョウの仲間たちはふわりふわりと優雅に舞います。そんな蝶はいったいどんな姿をしているのでしょうか? こちらがミスジチョウと言う種類です。茶色い翅に入る3本の…

白と緑のシジミチョウ オオミドリシジミ

初夏になると現れる蝶がいます。それはシジミチョウの仲間なのですが、草地をふわふわ飛んでいるシジミとは違い、木の上にテリトリーを張るという面白い性質を持ちます。こうした性質を持つシジミチョウはゼフィルスと呼ばれ、その美しさから非常に人気の高…

イチモンジチョウとアサマイチモンジ 茶色い蝶の違いとは?

石小屋ダムの開けた斜面では白い花が勢い良く咲いており、ここで待機しているだけで蝶がやってくるという蝶好きにはたまらないオアシスとなっています。やってきた茶色っぽい蝶を捕まえてみると、ちょうど捕まえたいと思っていた子を捕まえることができまし…

樹液にやってくる茶色い蝶 サトキマダラヒカゲ

晴れ間の広がる日中では蝶が賑やかに飛び始め、園内の広場でもとても目立っています。蝶と言えば皆様はどんな色をイメージするでしょうか? 白色のモンシロチョウに真っ黄色のモンキチョウは色の代表と言えます。しかし、これからの季節によく目にするこの蝶…

青と緑に輝く蝶 カラスアゲハ

アゲハチョウの仲間と言えば黄色や黒の美しい蝶ですよね。大型の蝶の中でも目にしやすい種類なので、子供からの人気も高い種類です。ところでアゲハチョウの黒色の種類を捕まえたことはあるでしょうか? 黒色のアゲハチョウの中には とんでもなく綺麗な翅を…

白い3本の線を持つ蝶 コミスジ

蝶と聞かれてパッと思いつく姿にはどんな色や模様があるでしょうか? 白い蝶や小さなシジミチョウ、黄色や黒のアゲハを思い浮かべる方も多いかと思われます。 多くの方が蝶を色でイメージしたかと思いますが、蝶の中には模様にかなり特徴がある種類もいます…

黒と緑を混ぜた色 スミナガシの春型

パークセンターの中に思わぬお客様がやってきました。 床でぼーっとしているその子は夏にたまに見かけることがあるスミナガシの春型だったのです! こんな時期にいるとは驚きました。 スミナガシの春型は夏型と比べると2周りほど小さいとても可愛らしいサイ…

緑の模様はカビ?それともコケ?翅先が黄色い白い蝶 ツマキチョウ

あいかわ公園内では先日のウスバシロチョウを始め白い蝶がひらひらと飛んでいます。 白い蝶は比較的長くみられる印象があるかと思いますが、中には季節が限られているものもいます。 飛んでいるときにはモンシロチョウに見える蝶 本当にモンシロチョウでしょ…

透けるような翅を持つウスバシロチョウ

白い蝶と言えばだれもが知っているモンシロチョウがいますよね。しかしアゲハチョウの仲間に真っ白なものがいると聞かれるとどうでしょうか? その姿を知っている人は少ないのではないかと思います。その蝶こそタイトルにあるウスバシロチョウと言う蝶です。…

キアゲハとナミアゲハ、似たアゲハの違いはどこ?

花の斜面のツツジを見ながらまだ出会えていない種類の蝶を探しているのですが、よく出会う種類はだいたいであってしまいなかなか普段見ぬ種類には会えません。 花の斜面の先にある風の丘付近では、こういった環境が好きなアゲハの仲間がツツジのお花にやって…

飛び出してきたルリタテハ

花の斜面を歩いていた時のことです。園内でわずかながら発見されているトラフシジミと言う蝶を探していたのですが、難航しています。 探しつつ歩いていると大型の蝶が飛び出してきました。その正体はいったい? そこには大けがをしたルリタテハがいました。…

ヒオドシチョウと日向ぼっこ

春の蝶を探して園内を歩いていると、嬉しいことに多数の蝶に遭遇出来ます。 出会う蝶には性格があると感じており、人の気配に敏感なのは枯葉にそっくりなタテハチョウの仲間に多い印象です。 中でもヒオドシチョウは出会えても近づけない蝶の筆頭でした。 し…

スギタニルリシジミと吸水

あまり馴染みがないかもしれませんが、蝶類にはある程度好む環境があり、それを知っていると種類の特定がしやすくなるものがいます。 以前に紹介した早春の蝶ことスギタニルリシジミがいました。あれも水を飲むことが有名な蝶なので、そういう環境にいるのを…

ベニシジミ 春型

花が賑やかになってきた園内では、それらの花にやってくる蝶たちも賑わいを見せ始めています。コツバメやスギタニルリシジミなどの時期の限られた種類に注目ばかりしていたのですが、長い期間見られる蝶であってもこの季節ならではの楽しみと言うものがあり…

スギタニルリシジミとルリシジミ

早春に現れる蝶として最近コツバメを紹介しました。コツバメが出始めたということは続いて蝶たちが出始めます。私が見つけたかった蝶の1種であるスギタニルリシジミと思われる蝶が出たので紹介していこうと思います。 そもそもシジミチョウにそんな種類がい…

3中旬の代表的なシジミチョウ コツバメ

3月の上旬もあっという間に終わり、すっかり暖かい陽気が続いていますね。 いよいよ待ち望んでいた季節がやってきました。 昨年の秋ごろから蝶々にだいぶ夢中になってしまい、早春に現れる蝶を密かに楽しみにしていたのです。 早春に現れるコツバメと言う蝶…

お鼻が長いテングチョウ

ここ最近は春と言うより初夏?と呼んでもいいくらいの暖かい陽気が続きましたね。 冬場を成虫のままで過ごす蝶たちは、ポカポカ陽気の中、この瞬間を待っていましたと言わんばかりに飛んでいましたよ。 その中でも目立ったのは鼻が長いテングチョウと言う蝶…

翅を広げるムラサキシジミ 彼らの行動の秘密とは?

南山を北駐車場の方から登った帰り道では、カロリー摂取アイテムを所持していなかったので足が疲れてしまいました。降りる頃にはテンションが落ちていたのですが、日が上がって暖かくなったからか目の前をムラサキシジミが通ったのです。なんやかんや久々に…

冬に探すシジミチョウの卵

冬場は虫たちもほとんど見ることができず、虫探しと言うものはなかなかにできません。しかし冬ならではの虫探しの楽しみ方もあります。それが虫の卵を探してみるというものです。蝶好きの方がするようなかなりマイナーな自然の遊び方ではあるものの、やって…

エノキの葉のお布団で冬を過ごすオオムラサキ

天気のいい日だったのでこれから冬を越す生き物ようにお布団を作ってあげることにしました。公園に来たことがある方なら恐らく目にしたことがあるであろうオオムラサキ保護区の住人の冬季用ベッドです。 エノキの葉にはオオムラサキと言う自然豊かな場所で見…

ヒメアカタテハとアカタテハ

最近は太陽の光がないととても寒いので、蝶たちも晴れていないと姿を見ることができません。しかし、日差しが差し込むだけでも一気に花の周りはにぎやかな雰囲気となります。特によく見られる蝶は以前の記事でも紹介したアカタテハなのですが、たまにそれに…

枯葉が飛んでいた!? 落葉そっくりの蝶 クロコノマチョウ

題名を聞いて蝶の姿が思い浮かぶ方は少ないでしょう。私も今年の夏になるまではこのクロコノマチョウと言う蝶は知りませんでした。晩秋まで見られる蝶で、あいかわ公園のふれあい広場などで飛んでいる姿を目にします。枯葉にまみれた場所によくいるのです。…

10月はタテハチョウの時期

暑い暑い夏の時期は既に過ぎ去ったとはいえ、時折当たる秋の強い日差しに触れるとあの暑い夏がよみがえることもあるかと思います。短いとはいえ暑い夏でしたね。実はそんな暑い時期に活動をやめて秋口から再び動き始める蝶の仲間がいます。タテハチョウの仲…