あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

果実や種は子供たちにも大人気!

園内にはたくさんの植物が生えているため、種や実もたくさん見られます。特にドングリを中心とした種は非常に人気が高く、落ちる時期になると子供たちが集めているのを目にします。

小さな引っ付き虫 ヤブジラミの仲間

引っ付き虫と言えば秋ごろにとげとげの実を投げ合って服に付けあった思い出をお持ちの方も多いことでしょう。小さな針のような姿を持つのですが、先端に返しがあるので、服の繊維などに張り付くんですよね。 実は同じような種が春に見られるんですよ。ヤブジ…

葉っぱのような実をつけるイヌシデ

種と言えばどんなものをイメージするでしょうか? ブドウのように大きくて丸いものもあればタンポポの綿毛のようにフワフワしたものもありますよね。 しかし植物の中には一見すると種には見えないようなものをつける種類がいます。 それがイヌシデの種です。…

赤色の新芽を出すカシワみたいな植物 名前はいったい?

植物の名前は見た目のそのままが名付けられることも多く、ある特徴に注目すれば名前が分かってしまったりします。今日は皆様にこの植物の名前を当てていただこうかと思います。 新芽の時期なので色々な植物が芽を出し始めていますが、新芽が赤いとなると種類…

ぐるぐる巻いたゼンマイたち

ゼンマイと言う名前を聞いたことがあるでしょうか? 春にとても面白い形で出てくるシダ植物の仲間で、ビビンバに食材として入っているものです。 焼肉屋でビビンバを食べた時に不思議な食感の茶色いヒモみたいなやつがありますよね。あれがゼンマイです。食…

ツクシの下には何がある? ツクシとスギナの不思議な関係

園内のパークセンター付近には季節ごとに様々な花が植えられている花壇があります。 今は冬の物から春の物にちょうど植え替えられたばかりなのですが、大型の色とりどりの花が植えられています。 花壇なので見栄えをよくするために花の周りは草むしりが時々…

コウヤボウキの冬の姿

以前コウヤボウキと言うイソギンチャクのような植物を紹介しました。 aikawa-park.hatenablog.com 花を咲かせていた場合、その数か月後に種ができ始めます. これは植物の種類にもよりますが、コウヤボウキの場合は今くらいの時期がジャストのタネシーズンの…

巨大なトゲ植物 カラスザンショウ

葉が落ちる冬の時期であっても特徴のある植物であれば見分けることができます。中でもとげのある植物は数も少ないので葉がなくとも関係なく種類を調べることができます。トゲのある植物と聞いた時、皆様はどのような姿を思い浮かべるでしょうか?バラが多い…

一番いい笑顔の植物はどれ?

ブログのカテゴリーを細かく変更しました。 タイトルの上にある植物や芽をタップorクリックすると同カテゴリーの記事をまとめて読めます。記事下のカテゴリー欄では→マークを押すことで同じく同テーマの記事を読めます。(虫→蝶のみの記事が読めるなど) 約100…

ミツマタの不思議

マンサクや紅梅に始まる春咲きの花たちの流れを継ぐのはミツマタと言う植物です。前の2者に比べると知っている方の割合は落ちる印象を受けますが、とても素敵な花なので街中で見かけた際にはミツマタが咲いている!と思っていただけると嬉しいです。 園内で…

植物の皮「樹皮」を観察してみよう その2(クヌギ、コナラ、クスノキ)

植物を樹皮の目線で見比べてみています。今日は似たあの植物を比較してみましょう。 皆さん大好きなカブトムシクワガタの木コナラです。コナラとクヌギの名前は知っていても葉が分からない、樹皮の違いが分からないといった方は昨年の夏にイベントをやってい…

植物の皮「樹皮」の違いを観察してみよう その1(ケヤキ、ハナミズキ、サルスベリ)

日ごろ植物に目を向ける機会と言うものはあまりないものです。ましてや冬と言う葉が落ちているものが多い時期であればなおさらですよね。 今日はマイナーでありながらも個性が見られる木の皮を見て、植物の違いを見ていきましょう。 木が生えていればどこで…

ナツツバキのタネはどれ?

あいかわ公園にはヒメシャラにナツツバキと姿かたちの似た2種類が植えられています。今の季節には変わった形のタネをつけているのですが少し見てみましょう。 aikawa-park.hatenablog.com ちなみに花については上の記事から見れます。 この見るからに鋭いト…

季節外れのフジの実 実に空いた穴は何?

あいかわ公園は山に近い所にあるため、つる性の植物がとてもよくみられます。中にはかなり立派なつるをしたものもあり、かなり年のいっていそうなものもあります。つる植物でなじみ深い種類と言えば紫色のカーテンのように花を咲かせる藤が有名ですよね。と…

真冬には逆立ちしたドングリが見られます。

夏の終わりごろから秋にかけて子供たちに大人気のドングリですが、落ちた時にばかり注目してはいませんか? 拾ったドングリを保存して、中から虫が出たり、割れてしまったり色々な発見もあると思います。しかし自然の中だからこそ見つけられる不思議もありま…

巨大植物の冬芽の大きさは? ホオノキの冬芽

大きな葉を持つ植物と聞いて、皆様はどれほどの大きさの葉を思い浮かべるでしょうか。手のひら位ですか?それとも顔が隠れるくらいでしょうか。あいかわ公園にも巨大な葉を持つ植物があります。ホオノキと言う植物で、この植物は葉も花も超巨大なのです。 今…

トチノキの冬芽には粘り気があります

基本的な冬芽である鱗芽(りんが)と裸芽(らが)をこの前の記事で紹介しました。冬芽の中にはとても変わった面白い特徴を持つものがいます。その1種がトチ餅でおなじみのトチノキの冬芽です。 トチノキ自体非常に大きな葉をつけるので冬芽がそれだけ大きい…

冬芽のタイプ 裸芽(らが)

先日は鱗が張り付いたかのような面白い形の鱗芽(りんが)を紹介しました。もう1つよく見られるものとしては、裸芽があります。一体どんな形をしているのでしょうか?文字から想像してスクロールしてみてくださいね。 こちらはヤマボウシと言う植物です。冬…

冬芽のタイプ 鱗芽(りんが)

冬場にできる楽しみの1つとして、先日は冬芽を紹介しました。今日は冬芽ってどんなものがあるの?違いって何?どんなところを見ればいいの?と言ったポイントを園内の冬芽とともに紹介していこうと思います。 冬芽にはいくつかのタイプがあります。その違い…

冬芽の季節になりました。

本格的に寒くなってきましたね。植物達も自然の変化を感じ取って、すっかりと冬の姿になりました。そして今の季節だからこそ楽しめるのが冬芽(ふゆめ)の観察です。興味のある方はいつもたくさんの葉をつけているあの植物たちの今の姿を再確認してみましょ…

落ちている枝を見かけたら、その断面を覗いてみよう!

冬場になると植物の中には葉を落とすものがいます。あいかわ公園の木々もたくさんの葉を落とし、今ではすっからかんとなった幹をさらしています。 落葉の中を探してみると面白いことに葉に加えて枝が目立つものがあるんです。これはいったい何でしょうか? …

くっつき虫でおなじみのオナモミの仲間

秋の終わりごろになるといわゆる引っ付き虫たちが見られるようになってきます。服やズボンにくっつけていたずらをしたことは、子供時代ならば誰でも経験したことのある草花遊びではないでしょうか? そんな懐かしの遊びができる植物たちが見られます。 こん…

真っ赤なガマズミの実

あいかわ公園内の端付近ともいえる冒険広場付近の道路沿いでは、真っ赤でおいしそうなガマズミの実がなっていました。 食べられる実で鳥たちにも人気の高い甘酸っぱい実です。ものによってはかなり酸っぱく、思わず酸っぱい時のしぼんだような顔になってしま…

マメが見られます。

9月頃にはマメの花の記事をいくつかあげました。花をつけるということはその後に実がなるということです。今日その花たちが見られるところを歩いたところ、待ちに待ったマメっぽいマメが見られましたので紹介します。 今日紹介するのは以前紹介したヤブマメ…

変形する植物 イノコズチ

秋は初夏に咲いた花が実をつけたり、これから冬に向けて花を咲かせたりと植物達としてはめまぐるしく変化していく時期です。その中でもあいかわ公園では花の後に変形する植物をまさに今見ることができます。変形と言えばロボット物のアニメなどで子供たちが…

きゅうり、すいか、野生のウリ? 緑と赤のカラスウリ

夏から秋にかけて食卓にも並ぶことの多い食材がウリの仲間です。例えば味噌と合わせたキュウリ、ゴーヤチャンプルーでおなじみのゴーヤもウリ、冷やして食べると最高のスイカもウリの仲間です。秋にかけてはカボチャがウリの仲間ですよね。そんな馴染みの食…

八の字のタネの不思議

あいかわ公園には、まるでカエルの掌のような葉をもつことからそう呼ばれるカエデの仲間(モミジ)が植えられています。 秋には葉が紅葉して,とても綺麗な景色を作るのですが、葉が落ちて冬になるとまた1つ違った面白さを提供してくれます。3cm位のタネ…