あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。ネタを見つけたら更新中

道端や畑にもある黒い実をつける植物 白い花が目立つイヌホオズキの仲間

黒いトマトを発見!?

道端や畑地、斜面などの刈り込みが多い場所にはいち早く外来植物が侵入するため、気が付かないうちに身の回りの植物が外来種に入れ替わっている場合が多々あります。

今日のイヌホオズキの仲間も外来種が多い仲間です。
f:id:aikawa_park:20211124130748j:plain
花はなかなかに美しいこちらの植物はアメリカイヌホオズキでしょうか。似た仲間が何種類かいます。

白や紫色で5枚の花弁を持ち、かつ花の中心にバナナのような黄色い物体があればナス科の植物の一種ではないかと疑うことができます。

トゲがある手ごわい植物たちです。
f:id:aikawa_park:20211124131030j:plain
こちらの植物にも小さいですがトゲが付いています。

ナス科は草原の中にも生えているため、トゲに引っ掛けて事故を起こさないように注意しなければなりません。

とはいえイヌホオズキの仲間のトゲは可愛いものです。むしろ同じ仲間のワルナスビの方が厄介と言えるでしょう。
f:id:aikawa_park:20211124131427j:plain
似た環境に生えているワルナスビです。

花はイヌホオズキの仲間をより巨大にしたような雰囲気でそっくりなことが分かりますね。

こちらにもバナナが付いています。このバナナは葯(やく)という部分で、花粉がため込んである場所です。
f:id:aikawa_park:20211124131530j:plain
茎から葉の柄、更には葉の裏までトゲがあるため、駆除をすると非常に厄介なナス科の植物です。


イヌホオズキの実を見てみましょう。
f:id:aikawa_park:20211124131723j:plain
まだ熟しておらず緑色をしていますが、熟すと黒いミニトマトのような雰囲気になります。 

ナス科の植物はトマトやナスのように食べられているものもありますが毒を持つものも非常に多いです。

見た目がなんとなくお菓子のように見えて子供が口に含んだりすることがあります。注意が必要ですね。

自然界にはおいしそうに見えて毒があるものが多々あるので、知らないものは口にしないようにしましょう。