あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。ネタを見つけたら更新中

芝生で見られるピンクのぐるぐる巻いたランの花 ネジバナ

身近の小さなラン科植物

日当たりのよい草地では、今の季節にこのような面白い形をしたピンクの花を見かけることができます。

写真の通りぐるぐる回りながら茎の周りをついているように見えます。そんな花を見かけたらぜひじっくりと近くで観察してみましょう。

実はこの花はランの仲間なのです!

ランと言えば昨今は盗掘が問題となり絶滅危惧になっている種類が多い仲間なのですが、このネジバナは一般的に見ることができます。

つまりランのお花をじっくりと見ることができる貴重な機会と言うわけです。

見てくださいこの美しい花の色合い!そして花に入るラメのような光沢がとても綺麗です。

太陽光が出ているときにはキラキラして見えますよ。

ランの花を見たことがない方はとても多いと思います。

園芸用の胡蝶蘭や春蘭などを見たことがある方はイメージしやすいかもしれません。タンポポの仲間が似た花を持つようにランの仲間の基本的な形はこのような形です。

最も特徴的なのは花の中心部にあるのような部分でしょうか。

これは おしべとめしべの両方の役割を持つ部分なのですが、蕊柱(ずいちゅう)と呼ばれるラン科に特有のものです。

ラン科植物を見てみるとこの目がありますので意識してみてください。


春終わりから初夏にかけて見られるシランを例にしてみてみると、花の基本のつくりが同じであることが分かります。同じように目もあることが分かりますね。

しかし園芸以外で比較するのは難しいでしょう。それくらいランは見つからないです。

見れば見るほど美しい花ですね。

グミみたいな光沢に見えてきました。今はまだ咲き始めですが、これから由来の通りぐるぐるっとねじれるように咲き始めると本当に面白い見た目になります。
芝生などで見られることも多いので探してみてはいかがでしょうか。