あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

大きくなったマイマイガの幼虫 実は毒はありません

本日も蛾の幼虫の記事になります。以前紹介したマイマイガが非常に大きな幼虫となり、ふれあい広場の木で見られます。こんな模様の大きな幼虫を見つけた方は結構多いのではないでしょうか?
f:id:aikawa_park:20200607143333j:plain
点の模様が上から三つ、四つ位まで青続いてあとは赤色が続いていればそれはマイマイガの幼虫です。この幼虫は10人が10人毒があると答えると思われるほど典型的な毛虫なのですが、以前もお伝えしたようにこの仲間には生まれた時の幼虫以外には毒がありません。
つまり触った所で人に危害を加えるような種類ではないということです。毛虫を見ると人はその毛ばかり見てしまうと思うのですが、なかなかおしゃれなデザインだとは思いませんか?こんなにきれいに青と赤が縦に沿って並んでいるのは面白いと思います。

f:id:aikawa_park:20200607143626j:plain
マイマイガの幼虫は木に張り付いていることも多いのですがこのような樹名板の裏に潜んでいることもあります。めくったときにうっかり触れたりするととても驚くので注意が必要です。ちなみに毒はありませんがこのサイズまで育つと毛の方がなかなかに鋭くなってくるので下手に触ると指に毛が刺さることがあります。
私も毒がないからとなででいたら一度刺さりました(笑)知らずに刺さると毒針が刺さったと勘違いしてしまうかもしれませんね。

同じように公園の木を見ているとマイマイガに似た少し違う種類を見かけることがあります。数は少ないですが。
f:id:aikawa_park:20200607144115j:plain
こちらはカシワマイマイと言う似た種類で、幼虫の前側と後ろ側に黒いひも状の毛が出る特徴があります。毒はないとされている種類なのですが毛が鋭そうでまだ触ったことのない種類です。先日のウスタビガのように首を振る攻撃をしてくると容赦なく刺さりそうですね・・・

大きな幼虫でにぎわっているあいかわ公園ですが、広場でテントを広げているとこのような毛虫に遭遇する可能性は十分あり得ます。
行く場所でよく見られる毛虫などの知識を持っておくといざという時に役に立つと思いますよ。


aikawa-park-sanyasou.hatenablog.jp

あいかわ公園山野草図鑑に種類が多数追加されました。
夏図鑑 その他色を作成。ツユクサ、カモガヤ、カラスムギ、オヒシバ、イタチハギを追加 移動
白色の花にクマノミズキ、クララ、シロバナアカバナユウゲショウ、シロバナネジバナ、ウシハコベを追加
黄色の花にアカメガシワ、サルトリイバラを追加
赤系の花にムラサキサギゴケを追加しました。