あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

紅葉と言えばカエデの仲間 ヒナウチワカエデ(おそらく)とオオモミジ

先日に引き続き秋の紅葉の代表格であるカエデの仲間を紹介していきます。
昨日はイタヤカエデ、イロハモミジを紹介しました。今日はさらに2種を紹介します。
あいかわ公園で本来ならば最も美しく色づくカエデの仲間がこのヒナウチワカエデと思われるカエデです。
f:id:aikawa_park:20201024115330j:plain
この仲間には何種類かあるのですが、いずれの仲間も写真のように葉の中央部はしっかりとした円形で幅を確保し、葉先から途中にかけてギザギザと切れ込みが入るという大変かっこいいカエデの仲間です。
この仲間は少し標高のある所に自生し、私が自生でみたものは標高1000mを超える場所でした。(ハウチワカエデと言う種類です)つまり普通ではなかなか見られない種類と言うことですね。
この仲間は紅葉の色合いがオレンジをベースとした色になりやすく、絵の具をパレット上で混ぜ合わせたような繊細な色合いを見ることができます。園内では見られませんが、この仲間がたくさん紅葉している様は芸術的な美しさなのでぜひ見て欲しいですね。

時期はこの辺です。とは分からないのですが、11月以降ですね。埋まっている数も3本と少ないのですが紅葉すればとても綺麗なのでおすすめです。
風の丘の上の方で見ることができますよ。
f:id:aikawa_park:20201028155357j:plain
続いて大型の葉がとても目立つオオモミジです。オオと付くだけあって非常に大きい葉であることに加え、葉の切れ込みに付くギザギザがかなりきめ細かいので種類としては分かりやすい方だと思います。あいかわ公園の場合植えられている場所もパークセンターの目の前ととても分かりやすいので見やすいのもいいですね。
ここは日当たりが偏りやすいので、モミジの葉を見ながら紅葉のメカニズムも学べます。
f:id:aikawa_park:20201028155739j:plain
見ての通り日差しの通りがいい開けた部分だけ赤色になっていますね。昨日今日と紹介してきたカエデの木では特に太陽の影響で赤く染まる葉の様が見えやすいのでお勧めです。