あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

ウワミズザクラの花はサクラと違う?

園内ではウワミズザクラと言う桜の仲間が花を咲かせています。サクラと言えばソメイヨシノに代表されるようにピンクや白の花をたくさんつけ、春には花見を楽しんだりする超有名な植物ですよね。

ところで皆様はウワミズザクラと言う桜で花見をしたことはありますか?
恐らくないと思います。 この花はサクラと名前に付きますが、サクラらしくない花をつけるのです。
f:id:aikawa_park:20210410134319j:plain
こちらがウワミズザクラの花ですね。花の形を見るとソメイヨシノなどの桜とは形が全然違いますね。最大の特徴はこのきりたんぽのような可愛らしい花です。動物のしっぽらしいとも言えます。

このお花が大量に付くので、ウワミズザクラの花の時期には、まるでクリスマスリースに飾る綿のような美しい光景を見ることができます。
せっかくですから花をじっくり見てみましょう。
f:id:aikawa_park:20210410155155j:plain
このお花はきりたんぽの部分で1つのお花のように思われがちなのですが、よくよく見てみるとこのきりたんぽ自体が小さな花の集合によってできていることが分かります。f:id:aikawa_park:20210410134410j:plain
白い花にはそれぞれ柄が付いており、ふわりとした印象を与えてくれます。

 花の部分には後ほど実ができますよね。サクラであればさくらんぼがなります。ウワミズザクラの場合にはこの花の形からブドウのような房状に付くという面白い特徴が見られますね。

私はこの実を食べたことはないのですが、見た目は美味しそうなんですよね。 
美味しそうな実が実は渋かったり日当たりによって甘さが違ったりするので、野生の実を食べるのはなかなか手が出ないのですが、試しに実がなったら口にしてみるのもいいのかなと思います。
f:id:aikawa_park:20210410134442j:plain
このスカスカの海ブドウのようなものがです。花が咲く前の蕾は一部の地域で食べられていたりするので、場所によっては馴染みのある植物なのかもしれません。
園内のパークセンター付近でただいま見ごろを迎えているので、来園される方は覗いてみて行ってくださいね。

あいかわ公園の自然に興味の湧いた方は、下のカテゴリーや月別の記事からたくさんの記事を読むことができるのでぜひ御覧ください。
黒い三角形を押すと色々なジャンル別に読めます。お花が好きな方は植物の黒三角を押すことで花や山菜などのカテゴリー別に読めます。来園の参考や暇つぶしなどにもご利用ください。
同じく下のリンクからはツツジの図鑑や園内で見ることのできる花をまとめた大ボリュームの図鑑も見ることができます。