あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。ネタを見つけたら更新中

サクラの木に付く黒と赤のカメムシ ヨコヅナサシガメを探してみよう

冬でも確実に探せる虫 ヨコヅナサシガメ

桜の木では見るからに毒々しい生き物が見られます。 黒と赤色の危なそうなカメムシがいるのです。

ヨコヅナサシガメと言う肉食性のカメムシの仲間なのですが、名前の通り攻撃的なカメムシです。

桜の木はその虫たちが特に好む木であり、冬を越そうとしている彼らがたくさん発見できる虫の名所です。
探したい方は挑戦してみてください。

実際には木のどんなところにいる?

f:id:aikawa_park:20201219150519j:plain
特におススメなのは木の名札の裏側です。

彼らは寒さをしのぐために木の窪みや枝の付け根を利用します。
そういった場所を見ていくと次々に見つかるはずです。

ソメイヨシノは幹が太いので板自体がかなり大きく、隠れるのにうってつけです。

黒と赤の虫とはいったいどんな色でどんな姿なのでしょうか?


板をめくる時には必ず端っこを持つなど注意してめくってくださいね。下手をするとトラウマになりかねません。

集団で越冬するヨコヅナサシガメ

ではめくります。
大量の虫がダメな人は見ない方がいいかもしれません。






f:id:aikawa_park:20201219150933j:plain
ここではなかなかの密度でヨコヅナサシガメが過ごしていました。

これはその子供たちですね。 子供のヨコヅナサシガメは特に黒赤の警告色が派手で、触れるなよとアピールしています。さすがに冬場は鈍いですが、活発な時期では人間も刺します。
結構凶暴な種類で、セミのように鋭いストローを持つんです。


虫嫌いの人からすると一度見ただけでもショックを受ける人がいてもおかしくありません。


f:id:aikawa_park:20201219151322j:plain
一匹単位だとこんな感じですね。成虫になるとそこそこの大きさになります。3cm位でしょうか。幼虫はたくさん見かけるのですが成虫は意外と見かけない種類ですね。

サクラの木がたくさんあるふれあい広場にいるのですが、隣接したエノキの木にも春先になると見られます。

冬を越す蝶の幼虫たちの多くがきっとヨコヅナサシガメによって食べられてしまっていることでしょう。針で刺されてそのまま吸われてしまうとはなかなかに恐ろしい食べられ方です。 彼らは外来種の昆虫です。 身近な場所でも外来種が在来種に影響を与えている状況を見ることができる という意味では教材としての価値もあるでしょうか?

翌年の春までは同じ場所で見られ続けるので、皆様もこの集団越冬を探してみてください。