あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

動物が体をこすりつけて残った毛

f:id:aikawa_park:20200216153444j:plain
公園のスギの木でよく見られる
あいかわ公園ではシカのうんちを最もよく見つけることができますが、次によく見つけられるのが毛です。
ですが、どういった所に毛が残るか知っていないと見つけるのはとても難しいです。

皆様は、背中がかゆいときにどのようにしますか? おそらく手を使って背中を掻く方が多いと思います。
しかし、シカは人間と違って4本足で歩いているので手を使ってかゆい所を掻くことができません。
なので、木の幹に体をこすり付けることでかゆいところを掻くのです。

森の大橋付近の木や、花の斜面辺りの木でよく見つけることが多いので、興味のある方はその周辺の木の下から1mくらいまでの高さををよく観察してみてください。
木の色が、一部茶色に変わっていたり、剥げていたりするのがヒントです。
色が変わっている所を見つけたら、その部分にしっかりと注目して、茶色い毛がないか探してみてください。きっとシカの毛を見つけることができると思います。