あいかわ公園自然観察ガイド

嫌われがちな毛虫から大人気のクワガタたち、更には季節の植物まで。たくさんのあいかわ公園の自然を紹介していきます。隔日朝8時に更新中

夏のセミと言えば? ミンミンゼミ

セミの仲間を1匹イメージしてくださいと質問されたなら、皆様は何ゼミを思い浮かべますか? アブラ、ニイニイ、ヒグラシ、ツクツクボウシ、ミンミンゼミ、クマゼミと身近で見られるセミの仲間たちは意外と多いものです。私はヒグラシかミンミンゼミが思い浮かびますね。ミンミンゼミの色合いがとても好きなのです。
f:id:aikawa_park:20200813161809j:plain
セミは大人になってからダメになった人が多い虫だと思います。理由は急に羽を広げてバタバタとびっくりさせてくるからでしょうか?意外と触れてみると足は痛くないし、攻撃してこないし模様は綺麗だしと虫に触れる初心者向けだと思います。
写真はミンミンゼミと言う種類でみーんみんみんみんみんみんみんと鳴く声が印象的なセミですね。羽が透明な種類なので非常に綺麗なセミです。まだら模様の頭が魅力的ですね。透明なセミの種類を捕まえた時に、緑と黒の模様があり、横幅が広ければミンミンゼミです。
f:id:aikawa_park:20200813162433j:plain
このアングルのセミはセミ感が出ていていいですね。ミンミンゼミは器用な技の持ち主のようでこの向きのままボルダリングのように下に降りていきました。抜き足差し足忍び足のようなじんわりとした動きで和ませてくれますね。
セミはたいていの場合下から見上げる形ばかりだと思うので上から見てみると少し新鮮な気がしてきませんか?

f:id:aikawa_park:20200813162802j:plain
ミンミンゼミの裏側はこのような姿をしています。カメムシの仲間なのでやはり大きな針状の口吻(こうふん)が目立ちますがアブラゼミと比べると青っぽい印象を受けますね。ところで皆様はひっくり返ったセミに驚かされたことはありませんか?道端から廊下まで、夏場では様々な所でセミがひっくり返っています。
この時、足が折りたたまれるようになっていればセミは死んでいます。足を開いていれば生きている可能性があります。ぜひ参考にしてみてくださいね。
落ちているセミの足を見たくないという方は運にかけましょう(笑)

f:id:aikawa_park:20200813162737j:plain
夏らしさを演出してくれる素敵なミンミンゼミを皆様もぜひ探して捕まえてみてくださいね。夏らしくセミの鳴き声を聞きながらざるうどんでも食べたい気分です。