あいかわ公園自然観察ガイド

毎朝8時に公園内で見つけた植物や昆虫などの自然情報を発信していきます。記事下のリンクやカテゴリーからさらに公園の自然を知ることもできますのでぜひご利用ください。

青い尻尾のトカゲ カナヘビとニホントカゲのどちら?

日差しが強くなり園内のコンクリート沿いなどではトカゲをたくさん見かけます。 トカゲの仲間を探していると時々青いキラキラした尻尾を持つトカゲを見かけることがありますよね。あれってトカゲなのかカナヘビなのか気になりませんか?


f:id:aikawa_park:20210418133023j:plain
この子です。自然らしくないメタリックカラーが目立つトカゲの仲間ですね。青い尻尾なので一度見かけるととても印象に残る子です。

トカゲとカナヘビは勘違いしやすい種類と言えます。というのも二匹を並べて見かける機会と言うのがないので、なんとなくの印象だけが残ってしまうんですよね。 
子供の時は色合いが分かりやすいので、尻尾の方に注目しましょう。やはり青い色が分かりやすい判断基準です。
f:id:aikawa_park:20210418133534j:plain
日向ぼっこをしている子であればゆっくりと近づくことで普通に近くまで行くことが出来たりします。
カナヘビにしてもニホントカゲにしても小さい時はありますが、この2種は子供のころから姿が違います。f:id:aikawa_park:20210418134450j:plain
つやつやのニホントカゲに対し こちらのカナヘビはざらざらっぽい雰囲気で、色も茶色一色になっていますね。小さい時からこんなに違うので尻尾に注目してみてあげてください。

ちなみにですが、小さい時のニホントカゲの逃げ足の速さは身近で見られる生き物の中でも特に早いです。
眼で追っても切り返し(急に角度を変える)で急に角度を変えるので視界から消えるんですよね。

そんな元気なニホントカゲの子どもも比較的見つけやすいので探してみてください。

一方5m程離れた場所には大人のニホントカゲがいました。 あいかわ公園でトカゲがいかに見つかりやすいか分かりますね。
f:id:aikawa_park:20210418134737j:plain
小さくて可愛らしい青い子は、大人になるとレンガのような明るい茶色になります。 写真で比較するとカナヘビとニホントカゲの違いがはっきりと分かりますね。トカゲとカナヘビで迷ったときには、つやつや具合と尻尾の色に注目してみてください!
aikawa-park.hatenablog.com
(大人のニホントカゲの詳細はこちら)

あいかわ公園の自然に興味の湧いた方は、下のカテゴリーや月別の記事からたくさんの記事を読むことができるのでぜひ御覧ください。
黒い三角形を押すと色々なジャンル別に読めます。爬虫類に興味の湧いた方は動物や爬虫類の黒三角をクリックするとヘビやトカゲの記事が読めますよ。
また、リンクからはツツジの図鑑や園内で見ることのできる花をまとめた大ボリュームの図鑑も見ることができます。
インスタグラムでは旬の写真を更新しています。あいかわ公園で検索してみてくださいね。

aikawa-park.hatenablog.com
去年の今日はトチバニンジンと言うあまり名の聞かない植物を紹介しました。ニッチですが興味のある方はぜひご覧ください。